ジープ「ラングラー」に450馬力のV8モデル「ルビコン392」誕生!!

日本市場で堅調な売れゆきを示しているジープ「ラングラー・ルビコン」だが、北米ではV型8気筒エンジンを搭載したモンスターモデルが発表された。

「ラングラー・ルビコン」にV8モデル誕生!

 2020年11月17日、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のジープ部門は、2021年モデルとしてジープの最強モデルとなる、ジープ「ラングラー・ルビコン392」を発表した。

「ラングラー・ルビコン」は、これまでも日本市場に、2リッターの直列4気筒ターボエンジンと、3.6リッターのV型6気筒エンジン(ペンタスター)を搭載するモデルが導入されていたが、2021年モデルで誕生するラングラー・ルビコン392(以下ルビコン392)は、それらのパフォーマンスを大きく上回る期待のモデルとなる。

0ー60マイル(96km/h)加速は、4.5秒という加速性能を持つという「ラングラー・ルビコン392」

 ルビコン392のメカニズムで最大の話題となるのは、やはりエンジンルームに収められるパワーユニットだ。それはラングラーにとって実に40年ぶりの復活となるV型8気筒エンジンで、排気量は車名にも掲げられているように392立法インチ(6.4リッター)となる。

 最高出力450ps、最大トルク637Nmと、これまでの直列4気筒(272ps/400Nm)、V型6気筒(284ps/347Nm)とは比較にならないほどのハイスペックが実現されている。

 鋳鉄製のシリンダーヘッドにアルミニウム製のヘッドを組み合わせ、さらにルビコン392の機能的なボンネットスクープのためにデザインそのものを見直したというこの新型V型8気筒エンジンには、アクティブエアインテークマニフォールド、可変カムシャフト、ツインスパークプラグ、ナトリウムを充填した排気バルブ、中空幹吸気バルブ、ピストンオイル冷却ジェットなどを装備。

 過酷な環境でも十分なタフネスさを持つと同時に、高速道路など低負荷時には燃費性能を向上させるために4気筒モードへとシームレスに移行する。

Gallery:【画像】最強エンジンを搭載した「ラングラー・ルビコン392」をチェック!(33枚)