VAGUE(ヴァーグ)

レーシングモデル「570S GT」のストリートバージョン「620R」をチューニング

 フェラーリの少量生産車「イーコナ」シリーズのファーストモデルとなる「モンツァSP1」をベースに新作を生み出し、世界中のカーマニアを驚かせたノビテック。

 そのノビテックが、今回はマクラーレン「620R」で自らのテクニックを披露してみせた。

  • リアミッドに搭載されるエンジンは、ツインターボのシステムとECU、そして軽量なインコネル製のエグゾーストシステム等々を一新することで、実に711psの最高出力と710Nmの最大トルクを発生

 そもそもマクラーレン620Rは、2017年にデビューしたレースモデルの「570S GT」をベースとして、オンロード走行を可能にした極めて魅力的なモデルである。

 2019年の発表時には、マクラーレン・オートモーティブ社のCEOであるマイク・フルーウィットは、このサーキットとオンロードのいずれにおいても同じ性能を楽しむことができるモデルの誕生に最大限の賛辞の言葉を贈っていた。

 実際の620Rのデリバリーは2020年からスタートし、225台限定ということもあって、スポーツカー・ファンの間では大きな話題となり、また夢の1台となった。

 シングルピースのカーボンモノコック「モノセルII」を採用したことで、車重はわずか1282kgに抑えられた。その一方で、吸気制限などのレースレギュレーションによって570psにまで制限されていたリアミッドに搭載される3.8リッターV型8気筒ツインターボエンジンは、さらにECUとターボチャージャーを改良することで620psの最高出力を得ることに成功した。トランスミッションはSSG(シームレス・シフト・ギアボックス)と呼ばれる7速DCTが搭載されている。

Next見た目控えめ、中身が凄いノビテックの620Rとは
Gallery【画像】ノビテック・マジックがかけられたマクラーレン「620R」とは(10枚)

page

RECOMMEND