レクサス新型「LS」登場! 約30年でどう変化? 初代「セルシオ」と比べてみた

2020年11月19日、レクサス改良新型「LS」が発売された。エクステリアやインテリアのデザイン変更など、レクサスのフラッグシップモデルらしい幅広い改良を受けている。そんなLSの初代モデルは1989年、いまから31年前に登場した。日本ではトヨタブランドの「セルシオ」として発売され、高級車の概念を覆すセダンとして日本でも、世界でもヒットを記録している。この31年の間に、LSはどう進化しただろうか。新型LSと初代セルシオを比べてみた。

トヨタの持つ最新技術が惜しみなく投入されたレクサス改良新型「LS」

 2020年11月19日、レクサスのフラッグシップである「LS」が改良され、新型の発売がスタートした。現行モデルは2017年10月に日本での発売が開始された5代目モデルとなる。今回の改良は2018年8月、2019年10月に次いで3度目となり、これまででもっとも広範囲にわたる内容となっている。

トヨタ初代「セルシオ」(写真はレクサス初代LSの英国仕様)とレクサス新型「LS500h」

 エクステリアでいえば、フロントバンパーとヘッドライトを変更。ライトは厚みを増し、オーバーハングが短く見えるようになり、スピンドルグリルをより強調するデザインとなった。

 また、グリルとホイール、リアコンビネーションランプの表面処理も変更され、落ち着きと風格を増した色あいになっている。さらに、金属質感を追求する新色「銀影ラスター」が追加されている。

 インテリア変更の目玉は、新規採用された12.3インチの大型のタッチワイドディスプレイだ。モダンで使いやすさと視認性が向上している。

 シートには新たに開発された低反発ウレタンを採用。シートの縫い目も変更され、よりソフトな感触になっている。また、ドアの内張などのオーナメントにプラチナ箔&西陣を採用。月あかりに照らされた波の揺らぎによる「月の道」を表現しているという。

 走りの面でも、幅広い改良が実施されているという。

 目指したものは上質な乗り心地と、余裕ある加速感だ。乗り心地の向上のために実施されたのは「タイヤの縦バネを低減した新開発ランフラットタイヤの採用」「減衰力可変ダンパーAVSの最適化」「スタビライザーのバネ定数の最適化」「シートの振動吸収性をアップ」「サスペンションのバンプストッパーの剛性の最適化」「パワートレーンの振動を抑制する新開発マウントの採用」「フロントサスペンションアームをアルミ化してバネ下重量低減」といったものだ。余裕ある加速のために実施されたのは「エンジンとATの制御の見直し」「電動駆動ウエイストゲートバルブの採用」「クランクシャフトの剛性アップ」「コンロッドの軽量化」だ。

レクサス新型「LS500h」

 さらに安全性と利便性を高める、先進運転支援システムの進化も改良のポイントとなる。主な進化点を挙げれば「プリクラッシュセーフティの対応領域の拡大(交差点右左折支援機能)」「ブレードスキャンアダプティブハイビームシステム(AHS)の採用」「より大型のデジタルインナーミラーの採用」「プラスサポート(障害物のないシーンでもペダル踏み間違いの加速を抑制する急アクセル時加速抑制)」などだ。

 デザイン、走り、そして先進運転支援システムなど、広範囲に改良されていることがわかる。トヨタが持っている最新技術が惜しみなく投入されており、現在のトヨタの技術のトップランナーとでも呼べる内容だ。

Gallery:【画像】レクサス新型「LS」と初代「LS」を画像で見る(26枚)