VAGUE(ヴァーグ)

トリコロールカラーの効いたリミテッドエディションとは

 クラブイタリアの社会的な目的は、文化的、技術的、社会的な価値観を問わず、イタリア車の存在を知らしめることにある。

 このため、クラブは長年にわたり、クラブのトリコロールバッジ備えた小規模な限定シリーズを製作するための様々な活動をおこなってきた経緯があるが、とにかく一目でスペシャルでイタリアのプロダクトであることがわかるのが特徴といってもいいだろう。

  • ダラーラ「ストラダーレ・クラブイタリア・リミテッドエディション」

●エクステリアの特徴

・マット・ブルーカーボンのコンプリートボディワーク
・グロス・ブラックカーボンのヘッドライトベセル、ミラーカバー、エアロデバイス
・イエロー・ブレーキキャリパー

●クラブイタリア・リミテッドエディションの特別仕様

・フロントエアロデバイス、ミラーカバー、リアウィングのホワイト仕上げ
・ドライバーサイドとミラーカバーの3色カラーライン
・車体両サイドの手塗りクラブイタリア・バッヂ
・ステッチ同色のココアレザー
・助手席側の3色アクセントカラー
・クラブイタリアバージョン限定プレート
・シャシにダラーラ氏のサイン

●クラブイタリア・リミテッドエディションのスペシャルパーツ

・メーター画面における専用グラフィック
・六角形のアルミメッシュによる専用ラジエーターグリル、エンジンフード
・専用デザインのミルド&アノダイズド・エアコン、エンジンマッピング調整用ノブ

* * *

 クラブイタリアは1989年に創設された、数多くのモーターファンを有するスポーツ文化協会であり、その目的は「イタリア車のレストア、保存、トレース、取り扱い、研究」にある。また自動車の発展に大きなインパクトを持つ文化的なヘリテージと技術的なスポーツの倫理を広めることを目的としている。

 クラブイタリアとその会員にとって、自動車は情熱を傾けるものだけにとどまらず、イタリア人のクリエイティビティ表現のひとつでもある。

 現在約60名の会員がおり、法令により最大でも80名と決められている。会員にはパオロ・カンタレラ氏、ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ氏、ジャンパオロ・ダラーラ氏、ピエロ・フェラーリ氏、マウロ・フォルギエリ氏、チャールズ・リッチモンド卿、リッチモンド公爵、ゴードン公爵、ジャン・アレジ氏、ミキ・ビアシオン氏、サンドロ・ムナーリ氏など、その他にもイタリア製造界、政財界、文化界の代表者が集っている。

 また、FIA会長のジャン・トッド氏、イタリア自動車クラブの会長であるアンジェロ・スティッチ氏、トリノ国際自動車博物館の館長、ベネデット・カメラナ氏もその会員である。

Gallery【画像】イタリアの至宝になる素質十分なダラーラ「ストラダーレ」とは(12枚)

page

RECOMMEND