人気のクロスオーバー VW新型「ゴルフオールトラック」販売開始! 価格は約485万円から

独フォルクスワーゲン(VW)は2020年11月18日、新型「ゴルフオールトラック」を欧州で発売した。

2リッターディーゼルTDIは200ps・400Nmを発生

 独フォルクスワーゲン(VW)は2020年11月18日、新型「ゴルフオールトラック」を欧州で発売した。

VW新型「ゴルフオールトラック」の荷室

 ゴルフオールトラックは、新型「ゴルフヴァリアント」をベースとしたクロスオーバーSUVで、全輪駆動(4モーション)のオールラウンダーだ。

 搭載されるエンジンは、200ps・400Nmを発生する2リッター直列4気筒ディーゼルターボ(TDI)で、燃費はわずか4.9L~4.8L/100km(約20.4km/Lから20.8km/L)。最高速度は229km/hというパフォーマンスを誇る。

 ゴルフヴァリアントに対して15mm高められた最低地上高や、専用デザインのオールラウンドなボディプロテクション(ホイールアーチやシル、アンダーバンパー)を備える。またドライビングプロファイルに、オフロードでの運転を可能にする「オフロードモード」を追加しているのも特徴だ。

 室内は30色調整できるインテリアアンビエントライト、ディスカバーメディアナビシステム、オールトラックのロゴが入ったフロントコンフォートシート(シートヒーター付き)、本革多機能ステアリングホイール、ステンレスペダルなどが標準装備される。

 ゴルフオールトラックのドイツでの価格は、3万9337.64ユーロ(日本円で約485万円。16%のドイツ付加価値税を含む)となる。

※ ※ ※

 日本では、8代目となる新型「ゴルフVIII」の導入が2021年に予定されている。新型ゴルフヴァリアントや今回欧州で登場した新型ゴルフオールトラックはその後の日本導入になるため、その時期は未定だ。

フォルクスワーゲン・ゴルフオールトラック のカタログ情報を見る

Gallery:【画像】日本導入はいつ? VW新型「ゴルフオールトラック」を画像で見る(18枚)