「ディフェンダー」にMHEVのディーゼルモデル加わる!

ランドローバー「ディフェンダー」の2021年モデルの内容が明らかになった。ディーゼルエンジンの導入、新グレードの追加など、さらに魅力的になったディフェンダーの詳細をレポートしよう。

さらにバリエが増えた「ディフェンダー」2021年モデルとは

 ジャガー・ランドローバージャパンは、ランドローバー「ディフェンダー」の2021年モデルの受注を2020年11月17日より開始した。

 ディフェンダーの2021年モデルのトピックは、「110」の機種体系が見直されたことだ。どのような布陣になったのだろうか。

●ディーゼルエンジンがラインナップ!

2021年モデルの「ディフェンダー」には、マイルド・ハイブリッド・テクノロジー(MHEV)を採用した最新の3リッター直列6気筒INGENIUMディーゼル・エンジンが加わり、最上級グレードとして「X」が追加された

 ディフェンダー110には、これまでのガソリン4気筒エンジン以外に、ディーゼルエンジンが新たに加わった。

 マイルド・ハイブリッド・テクノロジー(MHEV)を採用した最新の3リッター直列6気筒INGENIUMディーゼル・エンジンは、最高出力300ps・最大トルク650Nmを発揮する。

 さらに新たなグレードとして最上級の「X」に加え、ディフェンダーのタフさやダイナミックさを強調する内外装を採用した「X-Dynamic」が追加された。

 最上級グレード「X」のエクステリアパーツには、スターライトサテンクローム、グロスブラック、サテンブラックなどの光沢感あるブラックが多用され、コントラストの効いたオレンジのブレーキキャリパーが装備される。

 またインテリアに、縫製の強度や色にもこだわったウィンザーレザーやウッドパネルを用いることで、上質で高級感溢れる室内が演出されている。

「X-Dynamic」は、「X」同様の黒を基調としたエクステリアが採用され、ディオトーンのシート、耐久性の高いGeonix素材のパネルが採用された。

●標準装備された装備とは

 さらに日本市場で人気の高い下記のドライバー支援システムが標準装備されることになった。

・ブラインドスポットアシスト
・クリアイグジットモニター
・アダプティブクルーズコントロール
・ドライバーコンディションモニター
・レーンキープアシスト
・360°パーキングエイド
・リアトラフィックモニター
・トラフィックサインレコグニション&アダプティブスピードリミッター

 また、オンラインパックに専用の通信データプランを用意したことで、施設情報やガソリン価格、マップデータの取得をはじめ、音楽、天気、カレンダーなどのコネクテッドアプリを、スムーズで快適な通信環境下において、データ容量を気にすることなく使用可能となった。

●新たに加わったオプションとは

 2021年モデルでは、オプションについても見直しがなされ、3列目シート選択時に同時装着が必要な装備を全てパッケージにした「ファミリーパック」や空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付)を新規設定したほか、「110」でもファブリクルーフが選択できるようになった。

 そのほか、オンラインパック(データプラン付)、Wi-Fi接続(データプラン付)も新規オプションに加えられている。

* * *

 ディフェンダーは、「エクスプローラー・パック」「アドベンチャー・パック」「カントリー・パック」「アーバン・パック」の4種類のアクセサリーパックに加え、豊富なオプションで多様なパーソナライゼーションが楽しめるのも特長だ。2021年モデルでも日本市場向けに「キュレイテッド・スペック」が設定され、90に2種類、110に5種類、計7種類が用意される。

 今回新たに加わったディーゼルエンジン搭載の3機種の車両価格(消費税込)は次の通り。

・ディフェンダーS D300:754万円
・ディフェンダー X-Dynamic SE D300:863万円
・ディフェンダー X D300:1124万円

Gallery:【画像】新グレードと4種類のアクセサリーパックを見比べる!(14枚)