アストンマーティン「DBX」の試乗チャンス!? 東京・六本木に最新モデル勢揃い!!

アストンマーティンのフルラインナップを一度に堪能できるイベントが、東京・六本木ヒルズで開催される。注目のSUV「DBX」だけでなく、「DBSスーパーレッジェーラ」を筆頭にオールラインナップの実車を間近で見ることができるまたとないチャンスだ。

アストンマーティンの最新モデルに試乗できるチャンス!

 2020年4月に公開予定だった映画007シリーズの最新作『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の日本公開は、当初11月20日に延期されていたが、近頃さらに2021年にまで延期されることがアナウンスされたばかり。

 映画ファンならず、アストンマーティンファンも肩透かしを食らい、残念に思っている人も多いだろう。そのかわりというわけでもないが、最新のアストンマーティンのオールラインナップを一度に堪能できるイベントが開催される。

東京・六本木ヒルズの大屋根プラザで開催されるアストンマーティンのイベント「Deserves to be Driven」では、最新モデルの試乗会も併催される

「Deserves to be Driven」と銘打たれたイベントは、東京・六本木ヒルズの大屋根プラザにて、2020年11月20日(金)と21日(土)の11時から20時まで開催される。コロナ禍において、オープンスペースでのこうしたイベントは来場者への配慮というべきだろう。

 展示される車両は、いまもっとも注目されているSUV「DBX」、アストンのフラッグシップ「DBSスーパーレッジェーラ」、至高のGTカー「DB11」、英国的ファントゥドライブを極めた「ヴァンテージ・ロードスター」の計4台と、市販モデルがすべて揃う。

 この布陣のなかで、もっとも注目度の高いクルマは、DBXで間違いないだろう。VAGUEですでに紹介したインプレッションでも、高い評価を得ている。

「走りの方は実に素晴らしいフィーリングに終始している。簡単に表現するのならば「GT」モードならば、「DB11」のような高性能GTのような快適な走りが、あるいは「スポーツ」モードを選択すれば、「DBSスーパーレッジェーラ」のようなスーパースポーツ級のダイナミックな走りを楽しむことができる。

 もっとも魅力的なのは、ステアリングに代表されるシャシの仕上がりだ。どのような速度域でもドライバーの意思に忠実な、というよりもその意思そのものの動きが結果としてDBXの挙動となって表れる」:スーパーカー大王こと山崎元裕氏評。

「『あのアストンマーティンで!?』と驚かされたのが、収納スペースにも多大な配慮がうかがえたこと。手前に浮かんでいるように見えるセンターコンソールの裏側には、小ぶりなバックも収納できる(見えづらくデザインを邪魔しない)スペースが生まれ、ドアポケットまでちゃんとある。スペースについてはラゲッジもしかり。ボディサイズに相応しい収納量が確保されている。

 スイッチやダイヤル類の操作フィールは重さや軽さ、感触などの質感も申し分なく造り込まれており、視覚的な高級感のみならず隅々まで質感が整えられている」:モータージャーナリスト飯田裕子氏評。

 山崎元裕氏と飯田裕子氏のそれぞれの視点で、高い評価を得ているのは既報のとおりだ。このDBXをディーラーまで足を運ばなくとも、ショッピングのついでに見て触れる機会はそうあるものではない。

 しかも当日のイベントでは、事前に予約すると最新アストンマーティンに試乗することもできる(※注:定員になり次第受付締め切り)。

 また、イベント会場では最新モデルの展示だけではなく、アストンマーティンのパーソナライゼーションの世界も存分に堪能できるようだ。

* * *

 最新アストンマーティンの試乗予約やイベント情報はこちら。
https://am-japan.net/deserves-to-be-driven/event/index.html

Gallery:【画像】イベントで会える最新アストンマーティンとは(11枚)