アメリカンスポーツの象徴! 新型シボレー「カマロ」に乗って気づいた意外なこととは

2020年1月に開催された「東京オートサロン2020」で初披露され、注目を集めた改良新型シボレー「カマロ」。この8月にようやく納車が開始されたが、そんな新型カマロに試乗することができた。限定車の「カマロLT RS ヘリテージエディション」に、レポーターのこもだきよし氏が乗った。

20インチのスポーツタイヤだがオールシーズンでM+Sのランフラットを装着

 筆者が運転免許を持っていなかった50年以上前から、シボレー「カマロ」といえば、フォード「マスタング」と並んでアメリカ製の2ドアスポーツカーの代表で、憧れの存在だった。

 最新型のカマロは2020年1月に発表され、今回やっと日本に上陸し試乗することができたので、ホットなインプレッションをお伝えしよう。

シボレー新型「カマロ」LT RSヘリテージエディションのボディカラーは限定色のラリーグリーンメタリック

 新型はクーペとコンバーチブル、そして2種類のエンジンが用意されている。車種はシボレー・カマロLT RS、カマロコンバーチブル、カマロSSの3モデル。「LT RS」と「コンバーチブル」は2リッター直列4気筒ターボエンジン、「SS」はいかにもアメリカンな6.2リッターV型8気筒エンジンを搭載している。

 今回試乗できたのは、LT RSをベースとした「カマロ ヘリテージエディション」という30台限定のモデルで、ボディカラーは新色のラリーグリーンメタリックだ。クーペ専用デカールとしてホワイトパールラリーストライプを配して、スポーティなルックスに仕上げている。このヘリテージエディションは台数限定ながらコンバーチブルとSSにも用意されている。

 ロングノーズ・ショートデッキの典型的なスポーツカーデザインは健在だ。長いボンネットの下には直列4気筒エンジンが搭載されているが、キャビン側に押し込められているので、その前方には大きなクラッシャブルゾーンが存在する。

 4輪ともオーバーフェンダー気味に膨らんだフェンダーにカバーされ、クルマに乗り込むときからエキサイトしそうだ。

 試乗車はグッドイヤー「イーグルF1アシンメトリック」のオールシーズンでランフラット、という珍しいタイヤを履く。タイヤサイズは前後とも245/40R20 95V M+Sで、見た目には結構太めに映る。

 じつはこのタイヤが、良い意味でカマロのキャラクターを表しているように思う。

 まずは、見た目は間違いなくスポーツカーなのに、意外と乗り心地が良いことだ。

 M+Sのオールシーズンタイヤということでトレッド面があまり硬くないため、路面の不整に対して当たりがソフトなのだ。その分、ハイスピード領域でのハンドルのニュートラル感がやや甘いということはいえる。それでも遊びが大きいとかクセのある動きにはならないので、通常ドライブの範囲では気になるレベルではない。

これがシボレー新型「カマロ」LT RSが装着するグッドイヤー「イーグルF1アシンメトリック」ランフラットタイヤ。しかもオールシーズンタイヤでM+S表記がある

 コーナリングではファットなタイヤの幅広い接地面のおかげで、しっかりとしたグリップ力を感じる。あまりタイヤが突っ張り過ぎないし、路面からの反発が大きく跳ね返ってこないから、肩の力を抜いて運転できるのは良い点だ。

 タイトコーナーでちょっと攻めて走ると面白い。変にタイヤが踏ん張り過ぎないので、グリップ限界付近の変化が穏やかなのだ。つまり急にフロントが滑ったり、急にリアが滑ったりということがなく、クルマの挙動変化が穏やかで、セオリーどおりのドライビングで素直に走ってくれる。

 最近では多くのスポーツカーがハイグリップタイヤを履いていて、一般道ではとても限界まで使いきれない性能を持ったものばかりになっているが、その意味でカマロは扱いやすく、ちょうど良いグリップのタイヤを履いている。

Gallery:米国魂! シボレー新型「カマロ」を画像でチェック(24枚)