VAGUE(ヴァーグ)

将来さらに価値が上がるであろう「SLS AMG」とは

 2020年10月22日から29日の日程で行われた、RMサザビーズのエルクハート・オークションは、新型コロナウイルスの影響を受けてオンラインでの開催となった。

 とはいえそのロットは、それぞれに魅力的なものばかりであり、世界中から集まる視線は通常のオークションよりさらに熱いものだったともいえるだろう。

●2012 メルセデス・ベンツ「SLS AMG クーペ」

  • メルセデスAMG社の完全自社設計によって2009年に誕生したメルセデス・ベンツ「SLS AMG クーペ」(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 そのなかでもとくに注目に値したのが、2台のガルウイングドアを持つメルセデス・ベンツ、1955年式の「300SLガルウイング」と2012年式の「SLS AMGクーペ」であった。

 しかもそのロット番号は、前者が「1230」、後者が「1228」と近く、オークションの演出という意味でも、RMサザビーズの手腕はなかなかに見事だった。

 最初にオークションに登場したSLS AMGクーペは、メルセデスAMG社の完全自社設計によって2009年に誕生したモデルだ。

 エクステリアデザインは、まさに21世紀の300SLを意識したかのようなフィニッシュで、翼を広げるが如くオープンするガルウイングドアも踏襲している。

 そしてこのモデルにとって最大の技術的ハイライトといえるのは、アルミニウム製のスペースフレームを採用していることだ。Aピラーのごく一部にこそスチール素材が使用されているものの、ホワイトボディの重量は実に214kgに抑えることに成功しているのだ。

 フロントミッドシップされるエンジンは、それまでメルセデスAMGが使用してきたM16型エンジンをブラッシュアップしたM159型で、6.3リッターV型8気筒自然吸気となる。

 最高出力は571psを発揮し、重量配分を最適化するためにリアに搭載される7速のAMGスピードシフトとの組み合わせで、0−100km/h加速3.8秒、最高速は317km/hを実現している。

 今回エルクハート・オークションに出品されたモデルは、ほとんど使用感のないレッドのインテリアが美しいもので、走行距離はわずかに1万700kmというローマーレージの1台である。

 RMサザビーズでは、、「トランクのカーペットでさえローマイレージに見合った驚くべき状態にあり、非常に優れたSLS AMGだ」と評している。

 注目の落札価格は、エスティメートの18万ドル−22万ドルを上回る、23万5200ドル(邦貨換算約2446万円)。これは新車時の価格にほぼ等しい数字であった。

Next元祖ガルウイングのコレクターズモデル「300SL」は1億5000万円オーバー!
Gallery【画像】ガルウイングがカッコいいメルセデスとは?(31枚)

page

RECOMMEND