BMWが新型SUV投入! 2021年発売「BMW iX」はEV版「Xシリーズ」だ!

第5世代となったBMW eDriveテクノロジーを搭載した「BMW iX」の全容が明らかになった。2021年中には市場投入されるBMW iXとはどのようなクルマなのか、現在判明している情報をお伝えしよう。

「iX」は、「i3」と「X5/X6/X7」を融合!?

 BMWの量産開発段階に入った「iX」の姿が発表された。BMW iXは、BMWグループの新たな未来のツールキットに基づく最初のモデルとなる。

「BMW iX」は、新技術のフラッグシップとなり、電気モビリティ分野における最新の革新、自動運転およびインテリジェントなコネクティビティが融合されている

 BMW iXは新技術のフラッグシップとなり、電気モビリティ分野における最新の革新、自動運転およびインテリジェントなコネクティビティが融合されている。また、新たなミニマリスト・デザインは、駆けぬける歓びの未来のかたちを表現したものだ。

 BMW iXは、成功を収めているスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)コンセプトをサステイナビリティやインテリアの広さと健康に明確に焦点を当てて再定義したものである。BMW「X5」の全長および全幅、BMW「X6」の全高、BMW「X7」のホイール・サイズによるパワフルなプロポーションを持ち、5名の乗員のための高級感、ラウンジのような雰囲気によるリラックスした空間感覚を実現した。

 2021年下半期にBMWディンゴルフィン工場で生産開始を予定しており、市場導入は2021年末となる見込みだ。

●包括的サステイナビリティ・コンセプト

 BMW eDriveテクノロジーは第5世代となり、卓越した効率を提供する。BMW iXは、最高出力370kW(500ps)以上を発生する2基の電気モーターによって、0−100km/h加速5秒未満を達成。

 複合電力消費は、21kWh/100km未満(WLTPサイクル)で、エネルギー含量100kWh以上の高電圧バッテリーにより、600km以上の航続距離を確保(WLTP試験サイクル)。(※すべての数値は、車両の現開発段階に基づく予測値)

 高圧および最先端充電テクノロジーにより、長距離走行が可能になった。200kWまでのDC高速充電によって、バッテリー容量の10%から80%まで40分で充電することができ、10分の高速充電で、航続距離が120km延長する。

 BMW iXに用いられる電気モーターは、レア・アースを一切使用しておらず、高電圧バッテリーも高いリサイクル率を誇る。バッテリー・セル、高電圧バッテリーおよび車両全体で使用する電力は、すべて再生可能なエネルギーだ。

 また、FSC認証材、オリーブの葉の抽出液でなめしたレザーを含むリサイクル素材および天然素材が高い割合で採用されている。

 新技術ツールキットによって、自動運転およびデジタル・サービスの分野でのさらなる進歩が可能になっている。これは、データ処理のためのきわめて高いレベルの演算能力、極度にパワフルなセンサー、および5G対応が最適化された自動運転および駐車機能のベースとなっている。

Gallery:【画像】BMWの未来を告げる「iX」とは?(33枚)