ウッド素材にオプション追加で選択肢は5000通り以上! 現代的に多様化されたベントレーのインテリア

ベントレーのインテリアに、ウッド素材のオプションが追加された。

幅広いパーソナライズオプションを用意

 ベントレーマリナーでは、ベントレーの88種類の外装色、または8種類の内装色(ベルーガ、バーントオーク、クリケットボール、カンブリアングリーン、ダムソン、インペリアルブルー、リネン、ポーポイズ)に合わせて塗装することができる。

ベントレーのユーザーのニーズに合わせたインテリア

 フルラッカーの光沢を避けたい人向けには、保護のためだけに極薄のマットラッカーで仕上げたオープンポアパネルを使用するオプションを用意。リキッドアンバー、ダークバーウォールナット、タモアッシュはすべてオープンポア仕上げとなっている。

 厳選された最高級のストックのみが使用されるオープンポアウッドは、3層の極薄ラッカーで塗装されており、その厚さはわずか1ミリ。一方で、ベントレーのハイグロスラッカーコーティングは0.5ミリの厚さで、光沢のある滑らかな仕上がりになっている。

 ラッカーを塗る際には手で塗り重ね、塗り重ねる間にサンディングをおこなうことで、木材の自然な溝にラッカーが密着。その結果、ワックスのような仕上がりとなり、本物の自然な色と木の質感を完璧に際立たせる。この繊細な技術により、ベントレーユーザーは木材の質感を実際に感じることができるのだ。

 オープンポアウッドの色や木目の違いは、それぞれが微妙に異なることを意味し、真にユニークなベントレーのインテリアとなる。

 また、テクニカルフィニッシュを選択すると、高光沢のカーボンファイバーがウッドパネルの代わりに使用され、インテリアに現代的で技術的、スポーティな雰囲気が加えられる。

 そして光学樹脂加工により、カーボンファイバーの立体感が最大限に強調され、コックピットのドアからドアの周りを流れるようなシームレスな幾何学的な表面を実現。新型「ベンテイガ」には、見事なダークティントダイヤモンドブラッシュドアルミニウム仕上げのトリムがベントレーで初めてオプション設定された。

 ベントレーのマトリックスグリルのデザインを彷彿とさせるこの絶妙な仕上げは、アルミニウムを多方向から正確にブラッシングするという複雑な工程を経て作られ、現代的な立体感が実現されている。

Gallery:【画像】モダンで現代的なベントレーのインテリアを画像で見る(11枚)