ウッド素材にオプション追加で選択肢は5000通り以上! 現代的に多様化されたベントレーのインテリア

ベントレーのインテリアに、ウッド素材のオプションが追加された。

ユーザーのニーズに合わせたインテリア

 ベントレーは、ユーザーに提供インテリアの選択肢に、ウッド素材のオプションを追加。塗装されたウッド、オープンポアウッド、テクニカルフィニッシュ、さらには石材など、5000以上の組み合わせが可能となった。

 このインテリアオプションの追加は、ベントレーユーザーの平均年齢が下がり続けるなかで、ユーザーに提供される選択肢はますます多様化し、現代的になってきていることによる拡充となる。

ベントレーのユーザーのニーズに合わせたインテリア

 1921年に初めてベントレーが登場してからずっと、木製のダッシュボードが装着されてきた。ベントレーのウッド職人の技術は、最高級キャビネットメーカーの技術と同様だ。数十分の1ミリ単位の精度でウッドパネルを成形し、研磨することで、キャビンに自然な贅沢さのなかにある複雑さや美しさをもたらしている。

 例えばコンチネンタルGTには、7種類の異なるウッドが用意されており、シングルフィニッシュとしても、グランドブラックとのペアリングによるデュアルフィニッシュとしても使用可能だ。

 さらに、ベントレーマリナーのエクステンディッドウッドオプションでは、2種類の木材を組み合わせてデュアルフィニッシュにすることができる。また、伝統的なラッカー塗装のウッドパネルとまったく違うものを希望するユーザー向けには、多数のウッドパネルとマリナーパーソナルコミッショニングオプションが用意されるなど、ラグジュアリーな選択肢が提供されている。

 ベントレーマリナーは、最先端の技術を用いて、2億年以上前に形成された石で、厚さわずか 0.1ミリの非常に軽量なパネルを作ることが可能。自然な「オープンポア」仕上げで、見た目だけでなく石の質感を感じることができる。

 粘板岩と石英石は、古代から石工文化が豊かなインドのラジャスタン州とアンドラプラデシュ州の厳選された採石場から持続可能な方法で採取されたものだ。石材の断面は、大きめのものから分割され、特注の樹脂を使って硬化されている。

 そして最後に、イギリスのクルーにあるベントレー本社の世界的に有名なマリナーコーチビルディングチームによって形が整えられ、手作業で仕上げられるのだ。

 それらはオータムホワイト、カッパー、ギャラクシー、テラレッドの、全部で4種類の色の石が用意されており、さまざまなインテリアに合わせての選択が可能。ストーン、ピアノ塗装、オープンポアのいずれも、シングルフィニッシュもしくは、上または下のグロスグランドブラックウッドと組み合わせたデュアルフィニッシュとして、ユーザーの選択肢をさらに広げている。

 さらに、パネルに色を加えたい場合は、ベントレーマリナーのピアノ塗装パネルを選択することで、ベントレーの熟練した職人が厳選した同じ品質のパネルを使用し、ラッカー仕上げのウッドを選択した場合と同様に、完璧な表面仕上げを実現する。

 ラッカー塗装をおこなう前にパネルを手作業でサンディングし、完璧な仕上がりになるように慎重に塗装。塗装後には、最終的に羊毛を使って鏡のような仕上がりになるように磨き上げるのだ。

Gallery:【画像】モダンで現代的なベントレーのインテリアを画像で見る(11枚)