レクサスやアキュラのライバル! 高級車ブランド「ジェネシス」って何?

北米で近年、プレミアム・カーブランドとして知名度や評価を高めているのが「ジェネシス」だ。今後ヨーロッパで展開することがアナウンスされたジェネシスだが、日本ではあまり知られていない自動車ブランドでもある。ジェネシスとはなんなのか。

2015年に誕生した新しいプレミアムブランド「ジェネシス」

 2020年9月、ジェネシスから「ドミニク・ベッシュ(Dominique Boesch)氏をジェネシス・モーター・ヨーロッパのマネージングディレクターに就任する」との発表があった。

 ドミニク・ベッシュ氏という名前に聞き覚えのある人もいるだろう。ベッシュ氏は、2007年から2010年にかけてのアウディジャパンの社長でもあり、その後もアジアの各地でフォルクスワーゲン・グループ内の要職を歴任してきた人物だ。そうしたプレミアムブランドとアジアをよく知る人物をトップに据え、ジェネシスは欧州への進出も同時にアナウンスしている。

 では、そもそもジェネシスとはどんなブランドなのだろうか。

ジェネシスのフラッグシップセダン「G90」

 ジェネシスの母体となるのは、韓国のヒュンダイ(現代自動車)だ。ブランドの誕生は2015年。その翌年2016年に北米に進出した。

 そこから、すぐに存在感を発揮する。なんと、2019年1月に発表された北米カー・オブ・ザ・イヤーを、ジェネシス「G70」が獲得したのだ。

 さらに同年のJ.D.POWER社による米国自動車初期品質調査でも、ブランド別で1位(2020年は5位)に躍進。翌2020年には、それまでレクサスの定位置であった米国自動車耐久品質調査でも1位に輝き、レクサスは2位だった。

 ジェネシスはアメリカ上陸から、わずか4年で一定の評価を得ることに成功した。そして、その勢いのまま欧州にも進出するというのだ。

 ちなみに、2019年の北米SUVカー・オブ・ザ・イヤーはヒュンダイの「コナ」。そして、2020年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーはキア(ヒュンダイの子会社)の「テルライド」が獲得している。つまり、直近2年での世界の賞レースで、ヒュンダイの大躍進が目立っている。それだけ技術力、デザイン力を高めているといえるだろう。

 いまや世界でも5指に入る巨大自動車メーカーに成長したヒュンダイにとって、プレミアム・ブランドを持つことは必須のことだったのだろう。また、こうしたアメリカでの成功を足がかりに、プレミアム・ブランドの本拠地ともいえる欧州に挑戦するというのは、なかなか天晴な気概といえる。

Gallery:【画像】北米で大人気の高級ブランド! ジェネシスの車種をチェック(24枚)