【試乗】ミウラを手掛けたダラーラが作った「ストラダーレ」を一般道で試す

ランボルギーニ「ミウラ」などのスーパーカーを開発したダラーラが作った、究極のロードリーガルなレーシングカーの乗り味とはいかなるものか。今回はサーキットまで自走で行くことを想定して、一般道で試してみたレポートをお届けしよう。

コクピットに乗り込むまでがひとつの儀式

 イタリアのコンストラクター、ジャンパオロ・ダラーラが手掛けたレーシングマシンをそのまま市販車にしたようなダラーラ「ストラダーレ」が、日本のオーナーへとデリバリーをスタートした。そこで、ダラーラ・ストラダーレが公道で本当に快適に走ることができるのか、確かめてみた。

日本の公道でそもそも普通に走れるのか、そこに焦点を当てた今回の試乗

 ダラーラ・ストラダーレの公道試乗がおこなわれたのは、正規輸入元・販売元である株式会社アトランティックカーズのサービスセンターだ。ワインディングロードやサーキットでこそ真価が発揮されるダラーラ・ストラダーレだが、購入を考慮している人にとっては、自宅ガレージ近辺の一般道でも普通に走行できるのかが気になるところだろう。

 ダラーラ・ストラダーレは、ベースはバルケッタスタイルで6速マニュアルトランスミッションとなる。車両価格は2256万5000円(消費税別以下同様)だ。

 サービスセンターには、これからデリバリーされるダラーラ・ストラダーレが5台揃っていたが、そのすべてがフルオプションを装備したクーペスタイルであった。

 クーペスタイルにするには、まず「ウインドシールドフレーム&HVAC(221万9000円)」を装着して、スパイダー仕様にする必要がある。

 次に「T−フレーム(109万6000円)」を装着して、タルガ仕様となる。そして最後に「ガルウイングドア(104万3000円)」をプラスして、クーペスタイルの完成だ。ちなみに「リアウイング」は127万円。

 試乗車は6速マニュアルトランスミッションではなく、オプションの「パドルシフトギアボックス(172万5000円)」であった。これだけで試乗車のオプションプライスは、735万3000円である。

いわゆる普通のドアがないため、コクピットに乗り込むにはコツが必要だ

 ダラーラ・ストラダーレには、普通のクルマにあるようなドアがない。そのため乗り込むためにコツが必要となる。

 まず、ボディサイドに軽く腰掛け、お尻を軸にして身体を90度回転させながら右足をコクピット内に入れる。右足はフルバケットシート座面中央にある「STEP HERE」と表示された場所に置き、脚の長い人ならば、そのまま跨いで右足を所定の位置に置くとよいだろう。

 次に右足に重心を移して、左足を車内に収めます。この時に擦り傷がつかないように、ボディにシューズが触れないよう気をつける必要がある。

 シートに身体を収めたら、ガルウイングドアを閉じる。T−フレームの箇所にガルウイングドアを閉じるためのプレートバーがあるので、それを思い切り引いてドアを閉じる。

 次にペダルの位置を調整。普通のクルマはシートをスライドして調整するが、ダラーラ・ストラダーレはペダルを前後することで位置調整をする。ペダル調整のレバーは、普通のクルマのドアパネルにあたる部分にあり、このレバーを引いてペダルを任意の位置に合わせ、レバーを離す。なお、シートベルトは4点式だ。

 エンジン始動はセンターコンソールにある「START/STOP」ボタンを押しておこなう。

 試乗車はパドルシフトギアボックスなので、右のパドルを引いて1速にギアを入れ、サイドブレーキをリリースして発進準備が完了だ。

 パドルシフトは、シフトアップが右、シフトダウンが左。ニュートラルにする場合は、左右のパドルシフトを同時に引きます。リバースにギアを入れる際は、一度ニュートラルしてから、左のパドルを引くとよい。

 ターンインジケーターは、ステアリングにあるスイッチで点灯させる。左右それぞれのスイッチを親指で押して、右と左のターンインジケーターを点灯させるのだが、ステアリングを切り戻してもターンインジケーターは点灯し続けるので注意が必要となる。右左折が完了したら、もう一度、同じスイッチを押すことでターンインジケータは消灯する仕組みだ。

 以上でダラーラ・ストラダーレを公道で走らせるための予備知識は完了。

Gallery:【画像】全部見せます! ダラーラ・ストラダーレ完全マスター写真集(55枚)