フィアット「500/500C」に「甘い生活」を表現した限定車登場!

FCAジャパンは2020年10月23日、フィアット「500」「500C」に上質な装備を採用した限定車「500/500C Dolcevita(ドルチェヴィータ)を設定、同年12月12日より計275台限定で販売する。

「500」175台、「500C」100台、計275台限定

 FCAジャパンは2020年10月23日、フィアット「500」「500C」に上質な装備を採用した限定車「500/500C Dolcevita(ドルチェヴィータ)」を設定、同年12月12日より計275台限定で販売する。

フィアットの限定車、「500/500C Dolcevita(ドルチェヴィータ)」

 車両価格は、500ドルチェヴィータが265万円(限定175台)、500Cドルチェヴィータが289万円(限定100台)だ。

 限定車のモデル名「Dolcevita」は、イタリア語で「甘い生活」を意味する。1960年のフェデリコ・フェリーニ監督のイタリア映画「La dolce vita」(邦題:甘い生活」で広まったこの言葉は、大人のアバンチュールを象徴したもので、快楽主義的な志向を含意する。

 限定車500/500Cドルチェヴィータは、そうした「甘い生活」にインスピレーションを得て、日常を華やかに演出するデザインや、上質な装備を採用したモデルとなる。

 エクステリアは、クロームのエンジンフードラインやエクステリアミラーハウジング、ホワイト&シルバー塗装の専用16インチアルミホイール、車体を取り囲むレッドライン、ボディ同色のサイドモールディングにより優雅な佇まいが演出される。さらにリアゲートにはDolcevitaロゴがあしらわれる。

 ボディカラーは人気のボサノバホワイトを採用。インテリアはアイボリーを基調とし、ナチュラルウッドの専用インパネや、ポルトローナフラウ製アイボリー&レッドパイピング付きレザーシート(一部ファブリック)、専用フロアマットを装備する。

フィアット・500 の中古車をさがす

フィアット・500C の中古車をさがす

Gallery:【画像】甘ーい! フィアット「500」限定車を画像でチェック!(12枚)