「ホンダe」やレクサス「UX300e」…2020年に新型EVが続々登場する理由

10月22日、レクサス初の電気自動車(EV)「UX300e」が発表された。このレクサスUX300eや「ホンダe」、そしてアウディ「e-tronスポーツバック」やプジョー「e-208」「SUV e-2008」など、2020年は日本車・輸入車問わず日本で多くのEVが発売されている。その理由はなにか、考えてみた。

2021年導入予定 欧州の厳しい燃費規制「CAFE」が背後にある

 レクサス初のEVとなる「UX300e」が、2020年10月22日に発表された。

 また、EVといえばホンダからも、同年8月に「ホンダe」が発売されている。

 さらに輸入車に目をやれば、アウディのEV「e-tron Sportback」(2020年9月発売)、プジョーのEV「SUV e-2008」(2020年9月発売)と「e-208」(2020年7月発売)、DSのEV「DS 3 CROSSBACK E-TENSE」(2020年7月)が発売されている。

 ちなみにメルセデス・ベンツは、2019年7月に、すでにEVの「EQC」をリリースしており、昨年から今年にかけて、数多くの新型EVが日本に登場している。

 では、なぜ、突然のように、これほど多くのEVが日本で発売されるようになったのだろうか。

2020年8月27日に発表された「ホンダe」と2020年10月22日に発表されたレクサス初のEV「UX300e」

 その理由は明確だ。答えは欧州のCAFE規制(Corporate Average Fuel Efficiency)と呼ばれる燃費規制となる。

 これは、個々のクルマではなく、企業ごとに燃費を規制しようというもの。その自動車メーカーが発売する車両すべての燃費を合算し、その平均で見るという方法だ。

 しかも、CAFE規制が設定する燃費性能に届かなかった場合、販売したクルマの数だけ罰金を課するというのも特徴だ。

 さらに、その目標値が非常に厳しい。1リッターあたりの走行で排出するCO2排出量が、95gだというのだ。

 これを燃費に換算すると、約24.4/L。日本のコンパクトカー・ハイブリッド車であればクリアできそうなものだが、高級大型セダンやスポーツカーでは至難の業。さらに、最近の流行であるSUVもクルマが大きく重いため、燃費性能的には不利となる。高性能な大型SUVであれば、当然、約24.4/Lの目標クリアは絶望的といっていいだろう。

 しかもこのCAFE規制の厳しいのは、CO2排出量が95g/Lの目標をオーバーした場合、1gあたり1台に95ユーロ(約1万2000円)の罰金を課すという。この罰金額も厳しい。

 計算すると、10gオーバーしたクルマ(それでも約22.1/L相当)を10万台売るだけで、9500万ユーロ(約10億2000万円)の罰金だ。そのため、燃費の悪い大型車やスポーツカー、SUVを数多く売るメーカーにとっては、罰金が莫大なものになる。

 メーカーごとの罰金が10億ユーロから40億ユーロ(日本円で約1250億円から約5000億円)に上るという試算さえある。これは経営にとって大打撃なことはいうまでもない。しかも、CAFE規制の導入は2021年。まさに目の前に迫る危機だ。

Gallery: 【画像】レクサス初のEVや注目の「ホンダe」も! 2020年に登場した電気自動車を見る(27枚)