「スープラ」をACシュニッツァーがチューニング! BMWチューナーがなぜ?

BMWの名門チューナーであるACシュニッツァーが「GRスープラ」を手掛けた。どうしてACシュニッツァーが、BMWではなくトヨタのクルマをチューニングしたのだろうか。

老舗BMWチューナーが「GRスープラ」をチューニング!

 ACシュニッツァーから現在デリバリーされているGRスープラ用のチューニングパーツは、どういったものがあるのだろうか。

BMWの名門チューナーであるACシュニッツァーが手掛けた「GRスープラ」

 代表的なチューニングとして、6気筒のB58エンジンの最高出力を387psから400psに、最大トルクを500Nmから600Nmに向上させる「パフォーマンスアップグレード」というサブコンピュータがある。

 メインコンピュータであるDMEの内部データを書き換えるのではなく、DMEと各種センサーの間に挟み込ませるカタチで取り付けることで、DMEの制御を生かしたままパワーアップを実現するというのがその特徴となっている。

 次にサスペンションが定番のメニューだ。ACシュニッツァーのサスペンションには、純正のショックアブソーバーをそのまま使うローダウンスプリングのほか、車高調整式のサスペンションキットもラインアップしている。

 この車高調サスペンションの「ACシュニッツァーRSアジャスタブルサスペンション」には、アダプティブ・バリアブル・サスペンションシステム(AVS)のキャンセラーが装備されていて、減衰力はバンプとリバウンドを別調整できるようになっている。

 マフラーはステンレスを採用したものとなる。テールパイプはカーボン製となっていて、「パフォーマンスアップグレード」と同時装着した際、その性能を効率良く発揮させる。これもB58エンジン搭載車のみの対応だ。

 そのほか、耐候性の高い樹脂素材を採用したフロントスプリッターや、カーボン製のリアウイング、アルミ製のアクセル&ブレーキペダル、同じくアルミ製のフットレスト、ドリンクホルダーにピッタリ収まるスマートキー用ホルダー、ドライブモード切り替えダイヤルカバー、トヨタのエンブレムとACシュニッツァーのロゴが配されたエンジンカバーなどもラインアップしている。

 さらに、ホイールも含めてこれらチューニングパーツをフルに装備した、ACシュニッツァー・コンプリートコンバージョンモデルも販売している。

 ACシュニッツァーといえば、日本国内でもカスタムシーンで一斉を風靡したBMWのチューナーである。ACシュニッツァーのホイールやエアロパーツなどを見るとすぐにBMWが連想されるが、最近ではMINIだけでなくジャガーやランドローバーも手掛けるようになった。

 かつて国産車をACシュニッツァー風やABT風、AMG風に仕立てるカスタムが流行したが、正真正銘の「フルシュニ(フルシュニッツァーの略)」仕様のGRスープラを手に入れることができる時代になった。

Gallery:【画像】ドイツのチューナーが手掛けた「GRスープラ」をチェック!(22枚)