パワーは怒涛の700馬力! ポルシェ新型「パナメーラターボS E-ハイブリッド」発売

ポルシェ・ジャパンは2020年10月20日、700ps・870Nmを誇るフラッグシップモデル、新型「パナメーラターボS E-ハイブリッド」と、新型「パナメーラ4 E-ハイブリッド」の予約受注を開始した。

0-100km/h加速3.2秒、最高速度315km/hの旗艦モデル

 ポルシェ・ジャパンは2020年10月20日、システムトータルで最高出力700ps・最大トルク870Nmを誇るフラッグシップモデル、新型「パナメーラターボS E-ハイブリッド」と、新型「パナメーラ4 E-ハイブリッド」の予約受注を開始した。

ポルシェ・パナメーラのフラッグシップモデル 新型「パナメーラターボS E-ハイブリッド」

 刷新されたパナメーラの製品ラインのなかでもっともパワフルなパナメーラターボS E-ハイブリッドは、571psを発生する4リッターV型8気筒ツインターボエンジンと電気モーターを組み合わせている。

 136ps・400Nmを発生する電気モーターは、8速デュアルクラッチトランスミッション(8速PDK)に統合される。パナメーラターボS E-ハイブリッドは、標準装備のスポーツクロノパッケージを使用すると、0-100km/h加速は先代を0.2秒上回る3.2秒、最高速度は先代を5km/h上回る315km/hというパフォーマンスを誇る。

 高電圧バッテリーの総容量は、最適化されたセルの使用により14.1kWhから17.9kWhに増加。ドライビングモードはより効率的なエネルギー利用に適合されている。

 パナメーラターボS E-ハイブリッドは、WLTP EAER Cityモードで最大50km(NEDC:最大59km)の電気駆動のみによる航続距離を誇る。

 新設計されたフロントエンドは、デュアルC型ターボフロントライトモジュールと、大型サイドエアインテークによって他モデルと差別化されている。さらにポルシェ トルクベクトリングプラス(PTV Plus)を含むポルシェ ダイナミックシャシーコントロールスポーツ(PDCC Sport)電子制御ロール安定化システム、パワーステアリングプラスを含むリアアクスルステアリング、ポルシェ セラミックコンポジットブレーキ(PCCB)システムなど、現在利用可能なすべてのシャシおよびコントロールシステムが標準装備される。

 パナメーラターボS E-ハイブリッドの車両価格は2973万円(消費税込、以下同)だ。

 また同時に新型「パナメーラ4 E-ハイブリッド」も同時に登場した。パナメーラ4 E-ハイブリッドは、先代と同じ330psを発生する2.9リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。エレクトリックシステムによって保管され、462psのシステム出力を発生する。

 0-100km/h加速は4.4秒と先代モデルに比べて0.2秒速くなり、最高速度は280km/hと、2km/h向上している。

 バッテリーのみでの走行距離はWLTP EAER Cityモードで最大56kmとなる。

 パナメーラ4 E-ハイブリッドの車両価格は1528万円、パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモは1575万円だ。

※ ※ ※

 すべての新型パナメーラでは、シャシおよびコントロールシステムが、スポーツ性と快適性に合わせて調整されている。また新世代のステアリングコントロールシステムと新しいタイヤにより、横方向のダイナミクスと制度が向上している。

 日本仕様では、レーンキーピングアシスト、コンフォートアクセス、アダプティブクルーズコントロール、レーンチェンジアシスト、サラウンドビューを含むパークアシストといった、ほかのマーケットではオプションとなる装備を標準で搭載する。

Gallery:【画像】ポルシェ新型「パナメーラ」を画像でチェック!(8枚)