【ジープで大人の雪遊び!!】「ラングラー・アンリミテッド」の人気の理由とは

日本市場で2009年から右肩上がりに販売台数を伸ばしているジープ「ラングラー・アンリミテッド」。なぜ、ラングラー・アンリミテッドが支持されているのか、雪上で試乗してその理由に迫ってみた。

ラングラー・アンリミテッドがいま、日本で愛されている理由

 ジープといえば、1940年代の軍用車のイメージがいまも色濃く残っている。そしてそのイメージにピッタリの現行ラインナップといえば、「ラングラー」だろう。このラングラーのラインナップのなかで、もっとも現実的な2リッター4気筒ターボを搭載した「ラングラー・アンリミテッド・スポーツ」を、雪のトマムで試乗する機会を得た。

ラングラー・アンリミテッドで大人の雪遊びを堪能!

 ラングラーといえば、全モデルに「Trail Rated」のバッジが備わるオフロード性能の高さに定評がある。そのオフロード性能を試すべく訪れたのは、冬だけでなく夏のリゾート地としても注目が集まっている北海道の「星野リゾート トマム」だ。

 ちなみに「Trail Rated」とは、過酷なトレイルでの性能試験にパスしたジープだけに与えられるバッジのことである。

 白銀の世界での試乗に選んだのは、ラングラー・アンリミテッド・スポーツ。ラングラーには、さらにオフロード性能を高めた、3.6リッターV型6気筒DOHCエンジン搭載の「ルビコン」、ルビコンと同じエンジンを搭載した「アンリミテッド・サハラ」、そして2ドア仕様の「スポーツ」などがあるが、もっとも経済的かつ多用途性に富んだ4気筒エンジンを搭載した4ドアモデルを選ぶことにした。

 2009年に516台だったラングラーの販売台数は、3代目ラングラーのモデルライフ後半にも関わらず、2018年のモデルチェンジまで常に右肩上がりで台数を伸ばしてきた。そしてモデルチェンジ後の2019年には4873台にまで販売台数を伸ばしている。

 その理由はいろいろと考えられるが、丸目2灯・セブンスロットグリルというジープらしいデザインを踏襲していることが挙げられるだろう。価値観が流動的である現代だからこそ、愛車にはタイムレスなデザインを受け継ぐラングラーを選ぶという心理にも納得がいく。なお、日本での購入者の平均年齢は38歳だ。

 タイムレスなデザインといえば、ラングラーの先祖といえるウィリス「M-38A1ジープ」は、MoMA(ニューヨーク近代美術館)に永久収蔵されている。つまり、MoMAが認めたデザインの流れを色濃く踏襲しているラングラーは、デザイン感度の高い若い人が、積極的に選択したくなるクルマということだ。

 5年先、10年先でも色褪せない定番デザインであるからこそ、安心して購入することができるのだ。それを証明するかのように、ラングラーは残存価値も高いという結果が出ている。

ダッシュボードの短さはそのまま踏襲されるが、質感が高まり洗練されたコックピット

 白銀の世界に佇む真っ赤なラングラー・アンリミテッド・スポーツ(以下ラングラー)の扉を開き、さっそくAピラーの取っ手を掴んでドライバーズシートに乗り込む。

 短いダッシュボード、トランスファーとシフトの2本のレバー、高いアイポイントなど、先代モデルを思い起こさせるものの、質感は格段に向上し、ギア感がさらに強くなったデザインとなっている。

 エンジンスタートのボタン押してエンジンを始動するのだが、このとき、雪で濡れたグローブを嵌めたままでも大丈夫。エンジンスタートボタンは防水シールドで保護されているのだ。ちなみに装着しているタイヤはスタッドレスのグッドイヤー・アイスナビSUVだ。

 さっそく宿泊しているリゾナーレトマムの駐車場から一般道へ。リゾナーレトマムを擁する「星野リゾート トマム」は、約1000ヘクタールもの広大な敷地に囲まれており、山の中腹にあるリゾナーレトマムから一般道までの私道を走るだけでも、雪道試乗ができそうなほどだ。

 氷点下での試乗となったが、ラングラーのドライバーズシートに座り、ホテル駐車場から一般道へ出る頃には、車内は寒さなど感じない快適な空間へと変わっていた。ステアリングホイールを温める「ヒーテッドステアリングホイール」と3段階で温度調節が可能な「フロントシートヒーター」は、冬場の快適なドライブにはマストアイテムだ。

 ダッシュボードの中央には、「8.4インチタッチパネルモニター」が備えられており、この大型フルカラー高精細タッチパネルモニターは、Apple CarPlayやAndroid Auto、Siri Eyes Free、ボイスコマンド、プレミアムピンチ・トゥ・ズーム ナビゲーションなどと、包括的にスマートフォンと連携することが可能だ。

 車内環境、そして通信環境が快適であることは、車外環境が厳しければ厳しいほど、精神的な安心感をドライバーにもたらしてくれるもの。質感の向上したインテリアとあいまって、ラングラーから全幅の信頼を寄せることができる頼もしさが伝わってくる。悪路を走破するSUVにあって、その存在だけで信頼を寄せられるか否かは、ドライバーにとって非常に大きな問題なのだ。

Gallery:【画像】ジープで大人の雪遊び! 人気のラングラーのすべてを見る!(34枚)