10年ぶり復活! 新型「ハマー」ついに世界初公開! 1000馬力のハイパー電気自動車で登場

米ゼネラルモーターズの一部門であるGMCは2020年10月20日、消滅していたハマーブランドを復活、電気自動車(フルEV)の「ハマーEV」を世界初公開した。

2021年秋発売予定のハマーEVエディション1は約1190万円

 米ゼネラルモーターズの一部門であるGMCは2020年10月20日、消滅していたハマーブランドを復活、電気自動車(フルEV)の「ハマーEV」を世界初公開した。

「ハマーEV」。登場記念モデル「ハマーEVエディション1」は2021年秋に発売予定だ

 ハマーEVはゼロエミッションで走る、このクラス最初のスーパートラックで、卓越したオフロード性能と並外れたオンロード性能を兼ね備えている。

 GMの新しい24モジュール・ダブルスタックUltiumバッテリーを搭載、独自のドライブユニットであるUltium Driveから電力を取得する。

 今回登場したのは、2021年秋に発売予定の高性能バージョン「ハマーEVエディション1」。

 このモデルは3モーター「e4WDドライブシステム」を搭載し、トータル出力はクラス最高となる1000馬力・11500lb-ft(約15591Nm)を発揮するという。これにより、0-60mph(約0-96km/h)加速は約3秒という、スーパーカー並みのパフォーマンスを誇る。

 充電は800Vの急速充電に対応、10分の充電で100マイル(約161km)の走行が可能で、フル充電だと航続可能距離は350マイル(約563km)になる。

 ハマーEVは、「クラブウォーク」と呼ばれる4WS(4輪操舵)システムを搭載する。これは低速走行時、後輪と前輪を同じ角度で操舵するもので、車両の斜め方向への移動を可能にし、困難な地形での操作性がさらに向上している。

 またアダプティブエアサスペンションを採用、最大で149mm車高を上げることができ、岩場や渡川などハードなオフロード走行に対応する。

「ハマーEVの目標はひとつでした。これまででもっとも高性能なファクトリートラックを製造することです」と、GMCハマーEVのチーフエンジニアであるアル・オッペンハイザーはコメントしている。

 さらに、4WDについて「これは、GMがこれまでに提供したものとは異なる操作性を提供する独自のe4WDドライブシステムを備えた絶対的なオフロードの獣です」と述べている。

 車両価格は、「ハマーEVエディション1」が11万2595ドル(日本円で約1190万円)。2021年秋に発売予定だ。

 また、3モーターで800馬力を発揮、300マイル(約482km)の走行可能距離を持つ、2022年秋に登場予定の「ハマーEV 3X」は9万9995ドル(約1055万円)、2モーターで625馬力を発揮、300マイル(約482km)の走行可能距離を持つ2023年春登場予定の「ハマーEV 2X」が8万9995ドル(約950万円)。

 さらに、2モーターで625馬力を発揮、250マイル(約402km)の走行可能距離を持つ、2024年春に登場予定の「ハマーEV2」が7万9995ドル(約845万円)となっている。

※ ※ ※

 ハマーは軍用4WD車「ハンヴィー」の民間仕様モデル。1992年にAMゼネラルから発売され、「ハマーH1」となった。1999年からはGMがハマーブランドを展開している。

1992年に登場した「ハマーH1」

 2002年にはシボレー「タホ」をベースとしたフルサイズSUV「ハマーH2」にモデルチェンジ。日本でも販売された。またシボレー「コロラド」をベースにした「ハマーH3」も2006年に登場している。

 その後、ハマーブランドは消滅、今回電気自動車として復活することになった。

Gallery:【画像】まるで重戦車!「ハマーEV」と歴代ハマーを画像でチェック(33枚)