最新コンパクトSUV対決! メルセデス「GLA」とアウディ「Q3SB」選ぶならどっち!?

世界的に人気のジャンルであるコンパクトSUV。日本でも扱いやすいボディサイズとなるため日本車・輸入車問わず人気だが、そんななかでもドイツ・プレミアムブランドのコンパクトSUVが人気だという。今回は2020年に登場した最新プレミアム・コンパクトSUVである2台、メルセデス・ベンツ新型「GLA」とアウディ「Q3スポーツバック」を比較してみた。

2020年に日本に上陸した新しいモデルのGLAとQ3SB

 SUVブームがコンパクトクラスにまで波及し、そこにプレミアムブランドが続々と名乗りを上げはじめたのは2010年代前半のこと。

 メルセデス・ベンツ「GLA」もアウディ「Q3」も、まさしくそんな1台だ。そしてこのほど、ともに全面刷新して2世代目に移行し、2020年6月にGLAがニューモデルの「GLB」とともに、同年7月にはQ3が同じく新顔の「Q3スポーツバック」とともに、くしくも相次いで日本上陸をはたした。

メルセデス・ベンツ新型「GLA」とアウディのニューモデル「Q3スポーツバック」

 その4台のなかでは、3列シートを持つGLBのみ趣きを異にするが、GLAとQ3かQ3スポーツバックかで迷う人は少なくなさそう。そこでさっそく乗り比べてみることにした。

 GLAの対抗馬として相応しいのは、Q3なのかQ3スポーツバックなのかも悩みどころだが、発売当初の販売比率がQ3スポーツバックのほうが若干高いらしいことと、Q3スポーツバックほどではないにせよ、見てのとおりGLAもかなりルーフラインが寝かされてクーペスタイルになったことから、今回はQ3スポーツバックをメインに比べることにしたい。

 日本導入時点でのラインナップは、GLAがディーゼル4WDの「GLA 200d
4MATIC」のみであるのに対し、Q3スポーツバックは1.5リッター3気筒ガソリンターボ2WDの「Q3スポーツバック35 TFSI」と「Q3スポーツバック35 TFSI Sライン」の2モデルと、2リッターディーゼル4WDの「Q3スポーツバック35 TDI Sライン」が選べる。

 車両価格(消費税込)はGLAが502万円、Q3スポーツバックは35 TFSIが452万円、35 TFSI Sラインが516万円、35 TDIクワトロSラインが563万円となる。

 ボディサイズはQ3スポーツバックが全幅は5mmだけ、全高はGLAが10mmだけ大きいというわずかな差ながら、全長はQ3のほうが100mmあまり長く、ホイールベースはGLAのほうが50mm長いという関係。

 これも効いて、後席の居住性ではレッグスペースに余裕のあるGLAがやや有利だ。ヘッドクリアランスは、見た目から想起するとおりQ3スポーツバックではとくに後席が不利だが、Q3だとわずかにGLAを上回る。なお、リアシートの座面の前後スライドと背もたれのリクライニングが可能なのは両車共通だ。

 荷室容量は、Q3スポーツバックが通常時530リッターから最大1400リッター、GLAが通常時425リッターから1420リッターとなっているが、実質的には数値ほどの差は感じられず、どちらも十分に広くて使いやすそうだ。

 インパネは、どちらも先進的で多くの機能を備えている点では共通しながらも、雰囲気はかなり異なる。

 Q3スポーツバックは10.25インチのバーチャルコックピットとMMI用の10.1インチディスプレイを搭載するのに対し、GLAは最新のメルセデスらしく、メーターカバーを廃して10.1インチのディスプレイを2枚横に並べた独自のつくりとなっている。さらにはジェットエンジンのタービンを模したエアコン吹き出し口がズラリと並ぶなど、パッと見ても印象に残る空間が構築されている。

メルセデス・ベンツ新型「GLA」のインパネ
アウディ「Q3スポーツバック 35TDIクワトロ Sライン」のインパネ

 それと比べるとオーソドックスなQ3スポーツバックはやや控えめに見える。加えて話題の対話型インフォテイメントシステム「MBUX」や、自動再発進やアクティブレーンチェンジアシスト機能を備えたADASなど、いち早く実現した独自の先進装備を用意する点でもGLAが一歩リードする。

Gallery:【画像】2020年に上陸したSUV! メルセデス「GLA」とアウディ「Q3SB」を画像で見る(40枚)