メルセデスAMG「GLC43クーペ」はお買い得!? 利便性も追求した高性能クーペSUVに試乗した

メルセデス・ベンツのミドルサイズSUV「GLC」は、メルセデスSUVラインナップのなかでも日本でもっとも人気のある1台だ。そんなGLCのクーペSUVモデルに設定された高性能モデル、メルセデスAMG「GLC43 4マティック クーペ」に乗ってみた。

メルセデスSUVで一番人気の「GLC」 その高性能クーペSUV版

 豊富なラインナップを誇るメルセデスSUVのなかでも、2016年2月の日本上陸以来、「GLC」はもっとも売れ筋モデルとなっている。

 日本でももてあまさない適度なサイズ感や、価格に対するバリューの高さが人気の要因のようだ。

 日本上陸の1年後にはクーペボディが加わった。SUVブームがますます活況を呈するなか、すでにいくつかのメーカーからクーペSUVが送り出されていたが、「GLCクーペ」はメルセデスにとっては「GLEクーペ」につぐ2機種目となるクーペSUVとなる。

 その約半年後にはAMGモデルの43シリーズが、さらに約半年後には63シリーズが追加され、いずれもベースモデルとともに2019年10月にマイナーチェンジを実施した。

 今回借り出した「メルセデス AMG GLC 43 4MATIC クーペ」の車両価格は980万円だ。

「メルセデス AMG GLC 43 4MATIC クーペ」

 AMGモデルには43シリーズと63シリーズがあるが、その差は小さくない。車両価格からして受注生産の「63 4MATIC+ クーペ」が1344万円、究極的な高性能版である「63 S 4MATIC+ クーペ」は1519万円という違いがあるとおり、中身もそれなりに差別化されている。

 まず肝心のエンジンについて、AMG43シリーズに与えられるのは、AMGが開発しメルセデスが生産する3リッターV型6気筒ツインターボ。前出のマイナーチェンジで、ターボチャージャーの大型化や制御の改良により、従来比で23ps増となる390ps/520Nmのスペックとなった。

 かたやAMG63シリーズには、AMGの本拠地であるアフェルターバッハで手組みされた4リッターV型8気筒ツインターボが与えられ、標準で476psと650Nm、Sモデルが510psと700Nmと、性能が差別化されている。

 四輪駆動システムも異なり、AMG43シリーズには前後のトルク配分を31:69とリアよりとした「AMG 4MATIC」であるのに対し、AMG63シリーズには同50:50から0:100の範囲で可変配分する、よりスポーティな走りに対応した「AMG 4MATIC+」を搭載。

メルセデスAMG「GLC43 4MOTION クーペ」のインパネ

 さらに、走行状況に応じてロッキング機構を電子制御しトラクションを高める「電子制御AMGリミテッド・スリップ・デフ」を装備する。Sモデルには、さらにダイナミックエンジンマウントが標準装備されるほか、カーボンセラミックブレーキや横方向のサポートを強化したパフォーマンスシートなどが専用に設定されている。

Gallery:バランスの良いAMG! 「GLC43クーペ」を画像で見る(17枚)