V8モデルは2200万円から! ベントレー「フライングスパー」の超絶クールな世界

ベントレー「フライングスパー」に待望のV8モデルが登場。ドライバーズカーとしてさらに際立つV8モデルの詳細をお伝えしよう。

俊敏性が向上したフライングスパーのV8モデル

 2020年10月14日、ベントレー「フライングスパー」に新型のV8モデルが登場した。ショーファーカーとしてだけでなくドライバーズカーとしての需要が伸びているフライングスパーだが、V8モデルはさらにその傾向を強めるモデルになるかもしれない。

●最新の高効率V8パワートレイン

「世界最高のラグジュアリー4ドアグランドツアラー」として人気の「フライングスパー」にV8モデルが登場

 W12に代わって搭載されるのは、4.0リッターV8ツインターボエンジンだ。最高出力550ps、ツインスクロールターボの恩恵を活かし、2000rpmに達する直前に770Nmという最大トルクを発生すると、その分厚いトルクを4500rpmまで維持する。

 ツインスクロールターボは、タービンハウジング内に独立する2つのパラレルフローチャンネルを備えており、低速域から強大なトルクを発生させることが可能だ。ツインスクロールターボをエンジンのV字内側に搭載し、エンジンからターボチャージャーへの排ガスの移動距離を最小限に抑えることで、素早いレスポンスと高効率を実現している。

 スロットル開度が小さいときは、ダムに水を蓄えるかのように、ターボチャージャーが過給圧を蓄え、アクセルを踏み込むと即座にその過給圧を利用する。これによってスロットルレスポンスが格段に向上し、エンジンが持つポテンシャルが最大限に引き出されるというわけだ。

 シリンダーボア内部には応力と摩耗への耐性を高めるために、大気プラズマ溶射を用いて、耐久性に優れたわずか150ミクロンの薄さの鉄の膜を生成している。

 90度のバンク角、クロスプレーンクランクシャフト、完璧なバランスの8気筒によってV8エンジン特有のサウンドが生まれ、0-100km/h加速4.1秒、最高速318km/hという文句なしのパワーを発揮。

 また、このV8エンジンでは燃費性能を最大限に引き出すため、エンジン低負荷時、つまりトルクが235Nm未満かつエンジン回転数が3000rpm未満の場合、8気筒のうち4気筒が休止する。この気筒休止は約20ミリ秒という瞬きの10分の1の時間でおこなわれるため、乗員が気づくことはまずない。

 さらに燃費が最大16%向上した結果、航続距離が延びたことで給油回数が減り、より環境に優しくなったことも、カスタマーにとっては歓迎すべき点であろう。

●ドライバー目線で俊敏性を向上

 W12モデルより100kg軽量なフライングスパーV8は、俊敏性と応答性が一段と向上し、V8ならではの走り味がもたらされている。

 V8モデルには最新のパワートレインとシャシが採用され、アダプティブエアサスペンション、トルクベクタリング・バイ・ブレーキ、ドライブダイナミクスコントロール、電動ステアリングなどが標準装備される。

 フライングスパーV8は卓越したハンドリングを実現するために、中空で軽量タイプのアンチロールバーを前後に搭載。また、最先端のアダプティブシャシには、ベントレーがいち早く採用した48V電動アクティブ・アンチロール・コントロール・システム(ベントレーダイナミックライド)や、エレクトロニック・オールホイール・ステアリングをオプションで搭載することも可能だ。

 このベントレーダイナミックライドは、乗り心地と横方向のロールを調整するシステムである。各車軸両端のホイールをデカップリングすることによって過度の振動を和らげ、コーナリング時には0.3秒で最大1300Nmのアンチロールトルクを加えてボディの安定性を維持する。

 エアサスペンションには、先代フライングスパーと比べて空気量を60%多く確保できる3チャンバーエアスプリングが採用されている。このエアスプリングは、ドライバーが選択したモードに応じ、スポーツ走行向きの硬めのバネ設定からリムジンのような贅沢な乗り心地まで、幅広く対応している。

 さらにフライングスパーに初導入されるオプションのエレクトロニック・オールホイール・ステアリングは、高速走行時の安定性と市街地走行時の操縦性を向上させるものだ。

 高速走行時には前輪と同じ方向に後輪が操舵され、追い越しや車線変更の際の安定性が確保される。また低速走行時は、後輪が前輪と逆方向に操舵されることによりホイールベースの短縮効果が生まれ、回転半径を小さくすることで敏捷性が向上し、驚くほど楽に駐車が可能となる。

Gallery:【画像】ゴージャス&ラグジュアリーなディテールをチェック!(18枚)