真っ黒すぎる! ブガッティの名を冠したワンオフ時計は推定1億円以上!!

ジェイコブ「ツインターボ・フューリアス」に、ブガッティとコラボしたワンオフモデル「ツインターボ・フューリアス・ブガッティ ラ・ヴォワチュール・ノワール」が誕生。漆黒の腕時計には344個の宝石が散りばめられていた。

世界にたったひとつの「ツインターボ・フューリアス」

 ブガッティの伝説のクルマである「タイプ57 SCアトランティック」にインスパイアされた「ラ・ヴォワチュール・ノワール」が発表されたのは、2019年3月のジュネーブ・モーターショーであった。

 ブガッティ「シロン」をベースにしたワンオフモデルであるラ・ヴォワチュール・ノワールは、1100万ユーロ(邦貨換算約14億円)という車両価格で一躍話題になったクルマである。

 このラ・ヴォワチュール・ノワールとタイプ57 SCアトランティックの伝説を称えるために、ジェイコブはワンオフの「ツインターボ・フューリアス・ブガッティ ラ・ヴォワチュール・ノワール」を発表した。

ワンオフモデルとなる、ジェイコブ「ツインターボ・フューリアス・ブガッティ ラ・ヴォワチュール・ノワール」

 ベースとなるのは、ジェイコブの時計である「ツインターボ・フューリアス」だが、その仕上げに特徴がある。

●ユニークな宝石

 ケースは18Kブラックゴールド製。このケースに、344個の天然ブラックサファイアが、ぎっしりとセットされている。一見するとタイヤのトレッドパターンのようにも見える形で配置され、ブラックサファイアには見えない控えめな点が、今どきのラグジュアリーのトレンドだ。

 人間工学に基づいてデザインされたケースにブラックサファイアをセットするのは非常に複雑な作業だが、ジェイコブの熟練の技術により実現したといっていいだろう。

 ツインターボの名前の由来は、ちょうど6時の位置に球体状の3軸トゥールビヨンが2つ並んでいることによる。トゥールビヨンをひとつ搭載するだけでもすごいことだが、2つも搭載されているうえに、さらにミニッツリピーターを組み合わせている点が、ツインターボ・フューリアスがほかを圧倒しているポイントだ。

 しかもリピーターのチャイムは、通常だと15分単位となるが、ツインターボ・フューリアスは10分単位となっている点も非常に珍しい。

 気になる価格は未公表だが、かつてチタンとカーボンをケース素材に採用した限定18本のツインターボ・フューリアス・ブガッティが、およそ7000万円ほどの予価であったことを考慮すると、今回のワンオフのツインターボ・フューリアス・ブガッティ ラ・ヴォワチュール・ノワールは、軽く1億円を超えることが予想される。

 また、このワンオフモデルの時計は、ラ・ヴォワチュール・ノワールのオーナーの元に届けられると考えたほうが自然だろう。

Gallery:【画像】ブラックで統一されたジェイコブの時計とは?(8枚)