新車・中古車ともに好調! コロナ禍においてロールス・ロイスが売れるワケとは?

ロールス・ロイス・モーターカーズ初のビスポーク・コレクションである「Dusk in Tokyo Collection」が、はやくも日本でお披露目された。コロナ禍においても、このコレクションに対する問い合わせは絶えないという。好調な販売を記録するロールス・ロイスの理由とは?

グッドウッドから見た東京をイメージしたコレクション

 ロールス・ロイス・モーターカーズ初のビスポーク・コレクションである「Dusk in Tokyo Collection」が、ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京のショールームでお披露目された。

ロールス・ロイス・モーターカーズ初のビスポーク・コレクション「Dusk in Tokyo Collection」の4台が、ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京のショールームに集結した

「Dusk in Tokyo Collection」は、「ファントム」「カリナン」「ドーン」「レイス」の4モデル各1台で構成した特別なコレクションだ。4モデルともその名を冠した新エクステリア・カラー「Dusk in Tokyo」が採用されている。

 このコレクションは、グッドウッドのロールス・ロイスのビスポークチーム・スタッフが、東京都心部の超高層ビル群から眺めた美しい夕焼けを見て、その美しさのオマージュとして作られたものだ。

 いわば、グッドウッドから見た東京がイメージされているといってもよいだろう。

 新エクステリア・カラー「Dusk in Tokyo」はグレーがかったホワイトで、塗料にはアルミニウムとマイカが含まれており、光をさまざまな方法で屈折させることで弱い光の下でも絶妙な色調を生み出し、鮮やかに輝くのが特徴だ。

 具体的には、自然光のもとでは白っぽく、そして日陰や建物のなかなどではグレーに見える。

 ボディサイドに手書きで描かれるコーチラインは、ローズゴールドを採用し、地平線に日が沈む様子を表し、フロントノーズのスピリット・オブ・エクスタシーはローズゴールドを採用し、夕暮れ時の街を彩るあたたかみのあるオレンジとピンクの夕日を表現している。

 コレクションのブラックレザーのインテリアは、高層ビルの間に落ちる長い影のコントラストを表現。さらにアークティックホワイトレザーのドアポケットが余韻を残す光を表現し、ローズゴールドで仕上げられたビスポークオーディオグリルが太陽の光の反射を表している。

●Dusk in Tokyo Collection

・車両価格(消費税込)
ファントム・エクステンデッド:8707万1000円
カリナン:5728万9000円
ドーン:5408万8000円
レイス:5317万7000円

Gallery:【画像】グッドウッドから見た東京を表現したロールス・ロイスとは?(24枚)