メルセデス-AMG「A 35」はマイルドスポーティなベストバイ

これまでメルセデス-AMGのエントリーモデルであった「A 45」だが、400馬力オーバーの最強の4気筒エンジンは、気軽にAMGの世界を知るには少々過激すぎるきらいがあった。そこで、新たに追加されたマイルド仕様の「A 35」に試乗して、AMGのエントリーモデルにふさわしいか確認してみよう。

過激ルックでコスパ高し! いまならA 35はEdition 1を狙え

 AMGといえばかつて、メルセデス・ベンツにカタログモデルにない大排気量のエンジンを移植し、サスペンションを固めてハードな乗り味というイメージだった。

 しかし、メルセデス-AMGという、メルセデス・ベンツのサブブランドの一翼を担うようになってからは、ハードコアなモデルだけでなく、気軽にドライブできるマイルドな仕様もラインナップするようになった。

 トンガッていないAMGは、そもそも必要? なのだろうか。

乗りやすくコスパもよく、ほどほどにAMGらしさも兼ね備えたメルセデス-AMG「A 35 4MATIC Edition 1」

「Aクラス」のAMGモデルである「A 45」は、3代目となる先代のW176型で初めて登場した、いわばAMGのエントリーモデル。

 搭載されるエンジンは、360馬力の1991ccの直列4気筒DOHC直噴ターボで、市販車最強の4気筒エンジンと呼ばれていた。このエンジンは最終的には381馬力までチューンナップされる。

 エキゾーストサウンドは大変勇ましく、減速しなければならないシーンで、それほど必要もないのについついパドルシフトでシフトダウンしてしまうほど。

 そしてAクラスのモデルチェンジに伴い、A 45も新しいエンジンを搭載して刷新される。日本に導入されるのは、もっとも過激な421馬力の「A 45 S 4MATIC+」。先代に比べると40馬力もアップしている。初代A 45で、そのパワーを持て余していたようなオーナーには、もはや手に負えないポテンシャルだ。

 A 45 S 4MATIC+は、サーキット走行を楽しみたい人にとってはエントリーモデル的な存在だ。しかし、普段遣いするには少々神経が休まらない、過激すぎる面もある。腕に自信がある人でも、足グルマとして使うにはポテンシャルを使い切れず、かえってストレスが溜まってしまうかもしれない。

 そこで、「A 35 4MATIC」の出番というわけなのだ。

最高出力:306馬力/5800rpm、最大トルク:400Nm/3000?4000rpmにデチューンされたエンジン

 A 35 4MATICに搭載されるエンジンは、A 45 S 4MATIC+と同じ1991ccだが、当然ながら最高出力と最大トルクは抑えられている。両車の最高出力と最大トルクを比べてみよう。

・A 35 4MATIC
最高出力:306馬力/5800rpm、最大トルク:400Nm/3000−4000rpm

・A 45 S 4MATIC+
最高出力:421馬力/6750rpm、最大トルク:500Nm/5000−5200rpm

 スペックを見比べただけで、A 35 4MATICの方が常用域で扱いやすいということがおわかりいただけると思う。

 試乗車は発表記念特別仕様車の「A 35 4MATIC Edition 1」。ひと目で分かる通常モデルとの違いは、大型のフロントスプリッター、フロントバンパーサイドに使いされたフリック、大型のハイグロスブラック仕上げのリアウイングというエクステリアの変更だ。

 外装色はデニムブルーが採用され、サイドにはマットテックゴールドの専用デカールが貼られている。ホイールもマットテックゴールドで19インチのAMGマルチスポークアルミだ。

 インテリアも専用のAMGパフォーマンスシートや専用トリムが採用され、特別感あるものに仕上がっている。

 さらに「ナビゲーション・パッケージ」、360度カメラシステム、ヘッドアップディスプレイ、アドバンスドサウンドシステム、エナジャイジング パッケージプラスが含まれる「AMGアドバンスドパッケージ」が標準装備されている。

 さらに、AMG ライド コントロール サスペンション、前席のマルチコントロールシートバックやリラクゼーション機能までもが標準装備され、走行性能と快適性能が高次元で両立されていて、シートに座っただけでAMGのエントリーモデルのクオリティの高さを感じることができる。

Gallery:【画像】これが本当のAMGエントリーモデル「A 35 4MATIC Edition 1」だ!(21枚)