メルセデスSUVの旗艦モデル「GLS」はどう進化? 最新ディーゼルモデルに乗ってみた

メルセデス・ベンツのSUVラインナップのなかで、フラッグシップとなるのが「GLS」だ。2020年3月にフルモデルチェンジをおこない3代目となった新型だが、全長5.2m、車両重量2590mmというフルサイズSUVの、3リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジン車に試乗した。

「ラグジュアリーの真髄をまとう、フラッグシップSUV」

 意外だと思われるかもしれないが、メルセデス・ベンツは日本で9車種ものSUVを揃え、国内で展開しているブランドでもっとも多くSUVをラインナップしている。

 そんな、いまやSUV王国となったメルセデスの頂点に位置するのが「GLS」だ。

 「GL」と名乗っていた2006年から2016年を含めると、3世代目に進化を果たした最新版が、2020年3月に日本に上陸したばかりである。

 先日、大磯プリンスホテルをベースにして、メルセデス・ベンツSUV試乗会が開催された。今回はそんな最新バージョンの「GLS 400d 4MATIC」に乗ってみた。

メルセデス・ベンツ「GLS 400d 4マティック」の走り

 AMGライン装着車で全長5220mm×全幅2030mm×全高1825mmと、あいかわらずかなりの巨漢だ。張り出したホイールアーチが足元を引き立てている。

 ただ、大柄で押し出しも強いものの、先代モデルよりも丸みを帯びてオシャレな雰囲気が増した外観は、心なしか従来よりも威圧感が薄れたようにも見える。

 車内空間は相当に広々としていて、エレガントで高級感に満ちたインテリアの仕立ては圧巻だ。さすがは「ラグジュアリーの真髄をまとう、フラッグシップSUV」をコンセプトとするだけのことはある。

 眼前にふたつ並んだ大きなディスプレイや4連のエアコン吹き出し口も目を引く。

 キャプテンシートを備えた2列目はもちろんとして、GLSのポイントはやはり3列目の広さだろう。身長194cmまで対応できる広さを確保したとの言葉どおり、172cmの筆者が座ったぐらいではぜんぜん問題なし。頭上はコブシが縦にひとつ以上のクリアランスがあり、3135mmものホイールベースが効いてニースペースにも余裕がある。

 ヒール段差も十分で、SUVの3列目にありがちな、いわゆる体育座りの姿勢を強いられるようなこともまったくない。ヘッドレストもしっかりとしたものが備えられている。

メルセデス・ベンツ「GLS 400d 4マティック」のサードシート。身長194cmの人でも座ることが可能

 従来型に比べても、居心地のよさが引き上げられていることは間違いない。現行型では「GLE」や「GLB」にも3列シート車が設定されたが、これらはあくまでいざというときに備えるためのもの。ガチで3列目を使いたい人にとって、この広さと居住性は頼もしく感じられることだろう。

 3列目にアクセスする際には、スイッチを押すと2列目シート(状況に応じて1列目も)が自動的に動いて適宜スペースができるのでラクに乗り降りできる。所要時間はわずか10秒あまり。同様に2列目と3列目のシートアレンジの大半を電動でおこなえるのもありがたい。

 荷室を最大にすると3列目・2列目シートがキレイに格納されて、2400リットルもの広くてフラットな空間ができる。エアサスにより車高を下げることができるのも、大きな荷物の積み下ろしをするにも助かる。

Gallery:全長5.2mのフルサイズSUV! メルセデス「GLS」を画像でチェック(21枚)