ランボルギーニはコロナ禍でも販売好調! その理由はなに?

コロナ禍によってファクトリーを7週間も閉鎖していたランボルギーニだが、2020年9月のデリバリー台数は738台と、9月としては過去最高を記録した。

コロナ禍に強いランボルギーニ

 アウトモビリ・ランボルギーニは2020年9月の月間デリバリー台数が738台に達し、9月としては過去最高を記録した。

 直近3か月間に好調が続いたことで、2020年第3四半期のデリバリー台数は2083台となった。

コロナ禍にあって、「ウルス」は生産台数1万台を達成した

 2020年はコロナ禍という困難に直面したが、ランボルギーニはこの状況を、ニューノーマルという新たな日常下での事業再編・経営機会と捉えた。

 スタッフの安全を最優先に、自動車業界では先陣を切って生産拠点とオフィスを閉鎖したが、その7週間後には中期経営戦略の修正をおこない、ダイナミックに事業を再開している。

 事業再開後は、「ウラカンEVO RWDスパイダー」、「シアン・ロードスター」、「Essenza SCV12」の3モデルを次々と発表。「ウルス」と「アヴェンタドール」はそれぞれ生産台数1万台というマイルストーンを達成した。

 また、ソーシャルメディアでも確実に存在感を示しつつあり、イタリアを支援するプロジェクト「With Italy, For Italy」を立ち上げている。

 アウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOは、次のようにコメントしている。

「この結果は非常に誇れるものです。私たちがこれまで素晴らしい仕事をしてきたことを改めて証明し、自動車業界における、野心的で魅力的な力強いブランドとしてのランボルギーニの位置付けを引き続き支えています。

 当社は極めて不透明な時期を、優れた柔軟性、先見性と即応力で乗り越えました。熱心なカスタマーとつながる新しい方法を試行しつつ、将来を見据えながら新しいゴールに向けて前進を続けてきました。これこそが、ランボルギーニが他社と一線を画す特徴のひとつでしょう」

* * *

 最近のランボルギーニでは、2020年中にステファノ・ドメニカリCEOがランボルギーニを去るというニュースと株式公開の噂が流れたばかりだが、現在の経営状況が悪化しているわけではないようだ。

 ただし、今後のハイブリッド化やEV化、次期フラッグシップ開発などに向けて資金を調達しなければならないことは確か。販売が好調ないまこそ、株式公開の絶好のタイミングなのかもしれない。

Gallery:【画像】コロナ禍でも強いランボルギーニのいま(10枚)