新型「ミニ・クロスオーバー」日本上陸 より力強い顔に変更!

ビー・エム・ダブリューは2020年9月30日、プレミアム・コンパクトSAV「MINI Crossover(ミニ・クロスオーバー)」を大幅改良、販売を開始した。納車は同年10月以降を予定している。

LEDヘッドライトが丸目から角目に! デザインが大きく変更

 ビー・エム・ダブリューは2020年9月30日、プレミアム・コンパクトSAV「MINI Crossover(ミニ・クロスオーバー)」を大幅改良、販売を開始した。納車は同年10月以降を予定している。

「ミニ・クーパー S E クロスオーバー ALL4」

 英国のプレミアム・ブランド「MINI」にラインナップされるミニ・クロスオーバーは、2011年にミニの4番目のモデルとして、それまでのラインアップからは一線を画すプレミアム・コンパクトSAVモデルとして誕生。2017年に二代目に進化している。

 今回発表の新型ミニ・クロスオーバーは、おもにエクステリアデザインを洗練させるとともに、機能性を向上させ、ミニ初のプレミアム・コンパクトSAV として生まれ変わっている。

 エクステリアはフロント、およびリアバンパーのデザインを刷新。標準装備となったLEDヘッドライトの形状を従来の丸型から角型に変更することで、力強い印象となっている。またリアのLEDコンビネーションライトは、ほかのミニ・モデルと同様にユニオンジャックをモチーフとしたデザインに刷新、英国生まれのミニらしさを際立たせている。

 オプションの「ALL4 エクステリア」を装備すると、フロントバンパー、リアバンパーにアルミマット調の加飾が、またフロントとリアにも同色のアンダーガードが施され、よりSAVらしさを強化する、ダイナミックなエクステリアを演出することが可能となる。

 一方、「ピアノ・ブラック・エクステリア」を装備すると、ライトやフロントグリルまわり、ドアハンドル、リアゲートの 「Crossover」エンブレムなどのパーツがピアノ・ブラックで統一され、モダンでスタイリッシュなエクステリアとなる。

 インテリアでは、シフト・バイワイヤを取り入れた8速ATを全車に標準装備するとともに、マルチディスプレイ・メーターパネルの採用によりインテリアの印象も一新。センターディスプレイはタッチ操作に加え、操作ボタンをフラットにすることで、シンプルでモダンなデザインに変更された。

 パワートレインは高効率ガソリンエンジン搭載モデル、クリーンディーゼルエンジン搭載モデル、さらには、電気での走行が可能なプラグイン・ハイブリッドシステム搭載モデルを、ラインナップしている。

 クリーンディーゼルエンジン搭載モデルには、直列4気筒エンジン搭載の「ミニ・クーパーD・クロスオーバー」「ミニ・クーパーDクロスオーバーALL4」と、最高出力140ps、 最大トルク400Nmを発揮する直列4気筒エンジン搭載の 「ミニ・クーパーSDクロスオーバーALL4」がある。

 電気での走行も可能なプラグインハイブリッドシステム搭載モデルとして、「ミニ・クーパーS E クロスオーバー ALL4」を用意している。200Vの普通充電にて約3.5時間にて満充電となり、電気のみにて約53kmの走行が可能だ。

 直列4気筒エンジンとの組み合わせにより、ハイブリッド燃料消費率は14.8km/Lとなっている。

 高効率ガソリンエンジン搭載モデルには、MINI のハイパフォーマンスモデル、直列4気筒ガソリンエンジン搭載の「ミニ・ John Cooper Works(ジョン・クーパー・ワークス)クロスオーバーALL4」がある。

 最高出力 306ps/5000rpm、最大トルク450Nm/1750-4500rpm を発揮し、静止状態から100km/hまでの0-100km/h加速は5.1秒を達成している。

●ミニ・クロスオーバー 車両価格(消費税込)

ミニ・クーパーD クロスオーバー 430万円
ミニ・クーパーD クロスオーバー ALL4 454万円
ミニ・クーパーSD クロスオーバー ALL4 510万円
ミニ・クーパー S E クロスオーバー ALL4 510万円
ミニ・John Cooper Works クロスオーバー ALL4 609万円

Gallery:大人気の「MINIクロスオーバー」改良新型を画像でチェック(11枚)