「セナ」で上野クリニック号が蘇る!! マクラーレン純正ラッピングカーとは?

ル・マン24時間レースで歴史的な快挙を果たしたマクラーレン「F1 GTR」。優勝したのは、上野クリニックとボディに描かれ、ドライバーが関谷正徳氏だったので記憶にある人も多いだろう。この上野クリニック号をはじめとする5台のF1 GTRのカラーリングが、最新モデルの「セナGTR LM」で蘇った。

マクラーレン本社が本気で手掛けた往年のラッピングとは?

 前書きが長くなってしまったが、本題はここからだ。なぜならF1 GTRというモデルの存在を知らないと、ここから先、「GTR LM」の話は進まないからである。

ゼッケン59(上野クリニック号)、ゼッケン51(ハロッズ号)、ゼッケン24(ガルフ号)、ゼッケン50(シャカディ号)、ゼッケン42(セザール号)の5台のカラーリングが蘇った

 マクラーレンのスペシャルモデル製作部門、MSO=スペシャル・ヴィークル・オペレーションズが、何と希望するカスタマーのマクラーレン「セナ」を、1995年当時のカラーリングそのものにラッピングカーとして仕上げてくれるのだという。

 世界からチョイスされるカスタマーの数はもちろん1995年のル・マン24時間でリザルトを残したF1 GTRと同じ5台のみ。製作には1台あたり800時間以上の時間を必要とするというから驚く。

 もちろんMSOの仕事はラッピングだけではない。それを忠実に再現するためには、スポンサー各社との交渉も必要になるし、さらにはル・マン24時間レースを主催するACOによる車検ステッカーなど、さまざまな本物の素材を手に入れるための作業も待ち受けている。

 メカニズムもセナからさらにアップグレードされる。エンジンは4リッターV型8気筒ツインターボエンジンのままだが、最高出力&最大トルクは845ps & 800Nmにアップ。インテリアでは、ゴールドのシフトパドルやコントロールボタンを備える、特注のLMステアリングホイール、チタニウムのペダル類、GTR LMのロゴを刺繍したハーネスパッドとヘッドレストなどが見られる。

 そしてもっとも大切なのが、この限定車の存在意義を表すプラークだ。1995年のF1 GTRのどのモデルと対になっているのかを示す「ツイン」の証明プラークがキャビンに備えられ、各車にはそれぞれのシャシナンバーも、このプラークに刻まれる予定となっているという。

 最後に5台のGTR LMとF1 GTRの組み合わせを紹介しておこう。

・ゼッケン59(上野クリニック号):1995年ル・マン24時間優勝車、セナGTR LM 825/1、F1/01R
・ゼッケン51(ハロッズ号):同3位、セナGTR LM 825/6、F1/06R
・ゼッケン24(ガルフ号):同4位、セナGTR LM 825/2、F1/02R
・ゼッケン50(シャカディ号):同5位、セナGTR LM 825/7、F1/07R
・ゼッケン42(セザール号):同13位、セナGTR LM 825/5、F1/05R

 以上が各車のツイン=ペアリングになる。

 この5台のGTR LMは本来ならば、2020年のル・マン24時間レースで全車が揃ってデモ走行するはずだったのだが、新型コロナウイルス感染予防の影響で、その予定は来年までキャンセルされてしまった。マクラーレンのDNAをその場で見ることができるチャンス。来年のル・マンを待ちたい。

Gallery:【画像】上野クリニックからハロッズ、ガルフ仕様の「セナGTR LM」を見比べる!(41枚)