2億円オーバーで「ヴェイロン」が落札!! 新車時よりお求めやすくなった

現在ブガッティは売却の噂が飛び交っているが、ある意味採算度外視で作られた「ヴェイロン」は、相変わらずの高値キープで安定している。しかし、同じヴェイロンシリーズでも、ボディカラーや仕様によって人気に差があるようだ。

新オークションスタイルでヴェイロンが3台も出品

 新型コロナウイルスの影が全世界を覆いはじめた2020年の春以来、クラシックカー/コレクターズカーの国際オークションは、すべてオンライン限定に移行。この夏まで、世界各地でオンラインオークションが開催されている。

 それらの落札価格は、これまでの対面型オークション以上に乱高下している感もあるのだが、それでも当初の予測を大きく上回る成功を収めてきたといって良いだろう。

 ところが秋に入り、コロナ禍との共存を模索するために、インターネット上だけでなく、実際に会場で車両を入札希望者に見せつつ進行する対面型オークションとの併催をおこなうオークションハウスが、いくつか現れ始めているようだ。

 業界大手のボナムズ(Bonhams)社が、9月20日午後(現地時刻)の入札締め切りで開催した「The Bonmont Sale 2020」もそのひとつ。厳密な入場制限や感染対策をおこなうべく、スイス・ジュネーヴ近郊の小さな村、チェセレックスの特設会場に出品車両を集め、そこで競売もおこなったという。

 オークションに出された車両は、地元スイスからの出品を優先したためか、二輪車/四輪車あわせて70台と少々少なめの様子。でも、そこは1793年創業の名門ボナムズである。質的には、選りすぐりのクルマが多くを占めていた。なかでも今回の目玉となったのは、21世紀初頭を象徴するハイパーカーの先駆け、ブガッティ「ヴェイロン」とそのバリエーションモデルが、3台も揃ったことであった。

●2007 ブガッティ「ヴェイロンEB16.4」

2007年式ブガッティ「ヴェイロンEB16.4」(C)Bonhams 2001-2020

 ボナムズ「The Bonmont Sale 2020」に登場した3台のブガッティ・ヴェイロン。まずは基本となる、2007年型のスタンダード版「EB16.4ヴェイロン」から紹介しよう。

 1999年の東京モーターショーにて参考出品された6年後、2005年の同じく東京モーターショーにて、市販モデルとしてワールドプレミアに供されたファーストモデルである。

 その名は、1939年のル・マン24時間レースで「ブガッティT57Gタンク」とともに優勝したドライバー、ピエール・ヴェイロンの名前から採られたという。

 挟角V8エンジンを2基組み合わせた、複雑至極なW型16気筒8リッター+クアッド(4基)ターボのエンジンが発生する1001psのパワーを生かして、409km/hという市販車としては前人未到の最高速を達成。この数値をベンチマークとして、のちに「打倒ブガッティ」を標榜するフォロワーが続々と登場したことは、記憶に新しいところであろう。

 あるいは、国内デビューに際して当時の日本総代理店「ニコル・レーシング」が設定した、1億7700万円というプライスまでがある種の記号性を帯び、「21世紀最初の10年を代表するスーパーカー」あるいは「ハイパーカーの先駆け」と称されることになった。

 今回出品されたEB16.4ヴェイロンは、450台が製作されたという、スタンダード・ヴェイロンの1台である。13年前に新車としてスイス国内でデリバリーされ、これまでのオーナーは2人。合わせての走行距離は、まだ約5500kmに過ぎない。

 このヴェイロンに対して、ボナムズ社と現オーナーが設定したエスティメート(推定落札価格)は、115万−135万スイスフラン。日本円に換算すると約1億3000万円−約1億6000万円に相当する。

 このプライスは、デビュー時の車両価格を思えばなかなかの強気にも感じられるのだが、果たして20日の競売ではオーナー側で秘密裏に設定したリザーヴ(最低落札価格)には届かなかったようで、ボナムズ社営業部門による継続販売となっているようだ。

Gallery:【画像】いまが底値!? 歴代ヴェイロンをチェック!(36枚)