VW「ID.4」世界初公開! VWの電気自動車「ID.シリーズ」第2弾はSUV

独フォルクスワーゲン(VW)は2020年9月23日、電気自動車(BEV)SUVの「ID.4」をオンラインで世界初公開した。

コンパクトSUVタイプのEVは後輪駆動で204馬力!

 独フォルクスワーゲン(VW)は2020年9月23日、電気自動車(BEV)SUVの「ID.4」をオンラインで世界初公開した。

VWの電気自動車(BEV)SUV、「ID.4」

 今回登場するID.4は、コンパクトモデル「ID.3」に続き、VWの完全電動モデルID.シリーズの第2弾となる。

 注目は、ID.4がコンパクトSUVモデルとして登場したことだろう。

 SUVはいま、アメリカと中国ではもっとも人気の自動車セグメントであり、ヨーロッパ、そして独でも市場シェアは継続的に上昇している。とくにコンパクトSUVが急成長しているという。このセグメントに、VWはBEVであるID.4を提供する。

 ID.4は最大77kWhのバッテリーを搭載し、WLTPモードで最大520kmの航続可能距離を達成する。もちろん急速充電にも対応し、320km走行可能なレベルまで、約30分で充電できる。

 またリアの車軸に配置された電気モーターは150kW(204ps)を発揮、0-100km/h加速は8.5秒、最高速度160km/hというパフォーマンスを誇る。また21インチタイヤによる高い最低地上高により、ID.4はオフロードでも優れた性能を発揮するという。

 エクステリアは、0.28という優れたCd値を持つ、ダイナミックでモダンなデザインだ。また最上級グレードにはインタラクティブな「IQライト LEDマトリックスヘッドライト」を用意。このヘッドライトは新しい「3D LEDテールライト」とペアになっている。

 ID.4の全長は4580mm。EV用のモジュール式マトリックスアーキテクチャ「MEB」を採用しているため、室内空間は広々としている。荷室容量は通常時で543リッター、最大1575リッターまで拡大する。

 インテリアには物理的なボタンやスイッチ類は少なく、中央には12インチのタッチスクリーンを装備する。また「Hello ID」と話して、さまざまなものを音声でコントロールできる機能も備わっている。さらにバーチャルヘッドアップディスプレイもオプションで用意する。

 ID.4は、今後ヨーロッパだけでなく中国、そしてアメリカでも生産および販売する計画で、徐々にBEVグローバルカーに変わっていく。VWは2024年までに110億ユーロをBEVに投資する予定だという。

VWの電気自動車(BEV)SUV、「ID.4」のインパネ

※ ※ ※

 VWブランドの最高経営責任者(CEO)のラルフ・ブランドシュテッター氏は、「ID.4は、効率的な電気駆動、広々としたスペース、モダンなアシストシステム、パワフルなデザインで、多くのお客さまに感動を与えるエモーショナルなオールラウンダーです」とコメントした。

 さらに「世界初のグローバルBEVとして、このモデルは、世界中の電動モビリティのために特別に開発されたモジュール式電気駆動マトリックスプラットフォームのMEBを展開します。フォルクスワーゲンは、大量生産市場でのイノベーション、技術、品質において、主導的な役割を再び発揮します」と語った。

Gallery:VWのEV第2弾はSUV! 「ID.4」を画像でチェック(29枚)