シフトノブのようなステッキ!! ネオダンディオヤジ必携のおしゃれアイテムとは

英国紳士のファッションアイテムといえば、ハットにステッキというのが定番だ。そのイメージが強すぎて、ステッキはどうしてもクラシカルな英国調デザインのものが多いが、クルマ好きの紳士の感性にピタリとあてはまるステッキが登場した。

ジャガーにインスピレーションを受けたデザイン

 ステッキといえば、最初に思い浮かべるのが英国紳士の装いだろうか。現代の日本では、足腰が弱くなった年配の方が使うものというイメージが強いかもしれないが、明治時代は、日本でも紳士のファッションアイテムだった。

 ステッキのイメージが変わってしまったのは、気に入るステッキがなかなか見つからないからではないだろうか。そこで、ファッションアイテムとして、そして紳士のたしなみとして携えたくなるに違いないステッキを展開している「MATSU」を紹介しよう。

●あの英国車からインスピレーションを受けたデザイン

少し古い英国車からインスパイアされたというMATSUのステッキ。左:T字ハンドルブラック:12万2100円/右:球ハンドルブラウン:11万3300円(すべて消費税込)

 ステッキを見ていて、なにか気づいた人もいるかもしれない。そんな感想をデザイナーの吉田眞紀氏に伝えてみると、

「バレているかもしれません(笑)。少し古いクルマには、かなり影響を受けています。20代前半に若気の至りで中古のジャガー『XJ12』に乗っていました。

 そのクルマと、『レンジローバー』からは、かなりインスピレーションを受けています。現代のクルマには感じられない上質な素材感、丁寧なものづくりなどです。古いレンジローバーは手放してしまいましたが、現在も『レンジローバースポーツ』に乗っています」とのこと。

 愛車を懐かしむこともできるMASTUのステッキ。スタイリッシュさはもちろんだが、機能も充実。デザインする上でこだわったのが、普遍的であること。加えて、そのステッキを持つことで外出したいと思えることだそうだ。

 ステッキが必要な場合、デザインによっては、出かけなくてもいいかなと思ってしまうかもしれない。そんな気づきは、デザイナー自身がステッキを必要とする生活を余儀なくされた時期があったからだろう。

 実体験が反映され、たくさんのこだわりがつまっているステッキ。なかでも一番のこだわりは、石突きだそうだ。地面に接する先端部分のことだが、通常先端部分にはゴム製のキャップが装着されている。道路事情を考えると、滑り止めとして必要不可欠だが、このゴムキャップが素敵なステッキを台無しにしていると考えたそう。

「ビスポークのスーツにゴム長靴をはいているようなものだ」と、吉田氏は表現している。いわれてみればそうだが、実用性を考えてあきらめられていた部分。そこにも切り込み、簡単に交換でき、滑りにくい素材のゴム製石突を開発している。これにより、ステッキのデザインが損なわれなくなった。

Gallery:【画像】あのクルマのシフトノブに似ている!? 持つだけで紳士力アップのステッキとは(8枚)