ミニバン乗り換え需要も多い!? 新型SUV メルセデス「GLB」に乗ってみた

2020年6月25日に、2代目に進化した新型「GLA」とともに日本に上陸したコンパクトSUVが「GLB」だ。GLA・GLBともにAクラスのFFアーキテクチャをベースにしたモデルだが、注目は4650mmの全長で3列シートを搭載したことだろう。その走りや室内空間はどうなのか。実際に試乗した。

AクラスベースのSUVで新型「GLA」と兄弟車という関係

 メルセデス・ベンツ「GLB」は、同ブランドのコンパクトハッチバック「Aクラス」をベースとするSUVで、同時に日本に上陸した2代目新型「GLA」とは兄弟車種、という関係になる。

 新型GLAと比べるとひと回り大きく、スリーサイズは全長4650mm、全幅1845mm、全高1700mmになり、ホイールベースも2830mmとGLAよりも100mm長くなっている。

メルセデス・ベンツ「GLB」の走り

 エクステリアデザインもクーペSUVイメージのGLAとは異なり、GLBはスクエアで、ユーティリティ優先のSUVらしさを出している。ヘッドライト形状もGLAとは別もので、上下方向に高くスクエアな形になっている。だからGLAとGLBを並べても、兄弟車とは思えないデザインを持っている。

 GLBは全長とホイールベースを伸ばしたことにより、3列目のシートを搭載することができた。そのため、車検証上の乗車定員は7人になる。

 ただしメルセデス・ベンツ側としては、3列目シートは身長168cmまでなら安全に乗れるとしている。大柄な人ではきついが、小柄な人や子どもならば問題ない。

 そのとき、ヘッドクリアランスには余裕があり問題はないが、レッグスペースが狭いので、14cmスライドが可能な2列目シートを少し前に出せば座れるだろう。3列目シートにもISOFIXのアンカーが付いているから、2列目に2脚、3列目も2脚の合計4脚のチャイルドシートがISOFIXで固定できる。

 もちろん通常の使用では、3列目シートを畳んでおけば、フラットで広いラゲッジルームとして活用できる。

3列目シートは安全上の理由から、対応身長が左右とも168cm以下となっている

 GLAも同じだが、GLBにも「Sクラス」と同等の安全装置が標準で装備されているし、最新のMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)を使って音声でクルマと対話できる。これは「ハイ、メルセデス!」と話しかけて対話する、例のシステムだ。

 たとえば、エアコンの温度調整は「寒い!」といえば設定温度を上げてくれる。また目的地の設定も、走行しながらでも音声でおこなうことができるのはありがたい。

 またレーダーセンサーにより先行者を認識して速度に応じた車間距離を維持する機能「アクティブディスタンスアシストディストロニック(自動再発進機能付き)」が装備されたので、アクティブステアリングサポート機能と合わせて使えば、渋滞のときでもドライバーの負担が軽くなる。
 
 横長でカウルのないインストルメントパネルはGLAと同じだが、助手席前のダッシュボードのデザインは、よりSUVらしいGLB独自のものになっている。センターコンソールの前方にはスマホのワイヤレスチャージができる受け皿が用意してあるのは、GLAと同じだ。

Gallery:【画像】ファミリーに大人気! メルセデス新型SUV「GLB」をチェック(21枚)