ゴルフ8ベースの新型VW「ゴルフヴァリアント」登場! 車両価格は約355万円から

独フォルクスワーゲン(VW)は2020年9月17日、同年9月9日に世界初公開した新型「ゴルフヴァリアント」のプリセールをドイツで開始した。車両価格は2万8566.21ユーロ(日本円で約355万円。ドイツの付加価値税VAT含む)からとなる。

まずは3種類のエンジンバリエーションで登場

 独フォルクスワーゲン(VW)は2020年9月17日、同年9月9日に世界初公開した新型「ゴルフヴァリアント」のプリセールをドイツで開始した。車両価格は2万8566.21ユーロ(日本円で約355万円。ドイツ付加価値税VAT込。以下同)からとなる。

ドイツでプリセールが開始されたVW新型「ゴルフヴァリアント」

 新型ゴルフヴァリアントには、まずは3種類のエンジンバリエーションを用意する。115ps、および150psの2.0TDI(2リッターディーゼルターボ)に加え、ガソリンエンジンの48Vマイルドハイブリッドバージョン(eTSI)が用意され、1.0eTSI(1リッター直3ターボ+モーター)は110ps・200Nmを発生、トランスミッションは7速DSGと組み合わされる。

 車両価格は、115psバージョンの2.0TDI標準モデルが2万8566.21ユーロ(約355万円)から。また装備グレードの「ライフ」は2万9209.57ユーロ(約363万円)から、「スタイル」は3万6783.68(約457万円)ユーロから、「R-Line」は3万6817.80ユーロ(約458万円)からとなる。

 標準でデジタルコックピットプロ、8.25インチのタッチスクリーンのコンポジションオンラインインフォテインメントシステム、マルチファンクションステアリングホイール、Air Care Climatronicオートエアコンなどを備えている。
 

※ ※ ※

 ゴルフヴァリアントは1993年の登場以来、約300万台が販売された「ゴルフ」ベースのステーションワゴンだ。3代目ゴルフIIIの時代から現代まで合計6世代のモデルが販売されている。生産はドイツのウォルフスブルグ工場でおこなわれている。

 先代の7世代目ゴルフヴァリアントに比べ、エクステリアデザインはよりダイナミックになった。後部に向かって平坦になるルーフセクションと、クーペタイプの傾斜したリアガラスを備えている。

 新型ゴルフヴァリアントの全長は4633mm、ホイールベースは2686mmと、先代と比較してそれぞれ66mm増加。これにより、プロポーションは視覚的により長く、そしてよりフラットに見せる。ヘッドライトとテールライトのクラスターにはLEDテクノロジーが採用されている。

 全長とホイールベースの増加は、室内にもメリットをもたらしている。室内長は、先代比48mm増加して1798mmになった。これにより、足元スペースも48mm増加するためリアシートの居住性が向上している。またトランクルーム容量は通常時611リッター、後席を倒せば最大1642リッターまで広がる。

Gallery:【画像】日本でも人気になりそう!VW新型「ゴルフヴァリアント」を見る(12枚)