VAGUE(ヴァーグ)

エコタイヤに履き替えると年間でどれくらい「おトク」か

 では、エコタイヤに替えると、クルマの燃費にどれくらい影響するのだろうか。

  • 一般的には転がり抵抗を低減すれば、タイヤはウエット路面での制動距離は伸びるという傾向にある。だからタイヤ・ラベリング制度は転がり抵抗性能とウエット性能を併記している

 タイヤは路面と接している唯一のパーツなので、タイヤを替えれば大きく燃費が変わるような気がするが、じつはクルマの燃費は車体の空気抵抗をはじめ、さまざまな要因が関係してくる。

 そのなかでタイヤの転がり抵抗が燃費に与える影響(寄与率)は、一定速度走行で20%から25%、モード試験燃費で10%から20%、一般市街地走行で7%から10%といわれている。

 つまり一般道を走行する場合、タイヤの燃費への寄与率が10%だとすると、タイヤの転がり抵抗が10%減ると燃費は1%向上、20%減らすと燃費は2%向上する、という計算になる。

 転がり抵抗のグレードは「AAA」「AA」「A」「B」「C」と格付けされるが、グレードが「C」から「B」、「B」から「A」とワンランク向上すると、だいたい10%転がり抵抗が減る、というイメージになる。つまり、グレードがワンランク上がると、燃費は約1%向上するということだ。
 
 具体例を挙げてみよう。いままで転がり抵抗グレードが「C」のタイヤを履いていて、新たに「AA」のタイヤに履き替えると、グレードが3ランク上がるので、転がり抵抗が約30%減るということになる。つまり、燃費は約3%向上する。

 この場合、レギュラーガソリンがリッターあたり135円と計算し、仮に燃費が平均10km/Lのクルマで年間1万2000km走行することを想定すると、1年間で4860円おトクになる。

※ ※ ※

 いくらエコタイヤに履き替えたといっても、日々の点検を怠ると燃費の向上にはつながらない。

 タイヤの空気圧が低いと、転がり抵抗は急激に悪化する。財団法人省エネルギーセンターによると、排気量2000ccのクルマで空気圧が50kPa不足している場合、市街地では2.5%、郊外で4.3%、高速道路では4.8%燃費が悪化するというデータがある。

 パンクなどしてなくても、何もしないとタイヤ空気圧は必ず減っていく。一般的には、1か月で約5%ずつ減るといわれている。

 1か月に一度は必ずタイヤ空気圧をチェックすることで、エコタイヤに履き替えた恩恵をより受けることができる。点検をすることでタイヤの偏摩耗や傷、ひび割れなどもチェックできるため、パンクやバーストのリスクを抑えることもできる。安心安全のドライブのために、タイヤ空気圧チェックはこまめにおこないたい。

Galleryエコだけど走りもいい! 最新「低燃費タイヤ」の画像を見る(20枚)

page

RECOMMEND