VAGUE(ヴァーグ)

「レンジローバー」はどうして「砂漠のロールス・ロイス」と呼ばれるようになったのか?

「あらゆる作業に適応する農民の従僕」という、朴訥きわまるコンセプトのもとに開発され、農民およびカントリージェントルメンたちからこよなく愛されてきた元祖ランドローバーとは違って、高速道路や都市にも快適に乗り入れられるレンジローバーは、スノッブな都会の富裕層にも新鮮な衝撃を与えて、たちまち市民権を得てゆくことになる。

●砂漠のロールス・ロイス

  • 砂漠のロールス・ロイスと呼ばれた「レンジローバー」

 加えて、1970年代当時に世界を震撼させたオイルショックによって、急速に経済力を得た中東諸国のオイルダラーにとって、たとえ自国の砂漠であっても快適に高速移動できるレンジローバーは、ほかのどんなクルマにも代えがたい貴重な存在となる。同じ「R-R」のイニシャルを持つことから、ついには「砂漠のロールス・ロイス」と呼ばれることになった。

 ところで「砂漠のロールス・ロイス」なる称号は、上質なレザーとウッドキャッピングに囲まれたゴージャスなインテリアから名づけられたものと誤解されがちだが、現実はそうではない。

 レンジローバーの正規オプションリストに本革シートが載せられるようになったのは、発売から実に17年が経過した1987年。ウッドパネルに至っては、1989年から装着されたに過ぎないのだ。

 ならば、レンジローバーを「砂漠のロールス・ロイス」たらしめた真の理由はといえば、オフローダーとして超一級の性能を保ちながら、オンロードにおいても素晴らしい快適性と、目を見張る走行性能を有していたことにある。

 そのドライブフィールは、常にスムーズにして快適。さらには、地球上のあらゆる道を走破できるほどの耐侯性も備えたレンジローバーは、スペン・キング自身が若きころよりもっとも敬愛していたクルマ、シトロエンDSが受けたのと同じ「マジカル・カーペット(魔法の絨毯)」という賞賛を、本質はあくまで本格的なクロスカントリーカーでありながら獲得することができた。

 そして、持ち前の資質がもっとも試される環境、例えば伝説のラリーレイド「パリ-ダカール・ラリー」などでは、創世期におけるトップコンテンダーとして目覚しい活躍を見せたのだ。

 こんなレンジローバーの素晴らしさに心奪われたのは、何も「下々の」富裕層たちだけではない。

 伝統的に狩猟やポロを嗜むイギリス王室メンバーも歴代レンジローバーを愛用し、初期のランドローバー時代から合わせると、エリザベス女王とエディンバラ公、故エリザベス王太后、そしてチャールズ皇太子の4名から、英国王室御用達の証である「ロイヤルワラント」を得るに至った。

 これは自動車としては、史上初となる栄誉だったのである。

Next歴代レンジローバーを【動画】で振り返る!
Gallery【画像】英国御用達「レンジローバー」をチェック!(16枚)

page

RECOMMEND