VAGUE(ヴァーグ)

公道を走行可能なマクラーレン「620R」の驚異的パフォーマンスとは

 リアミッドに搭載されるエンジンは、570S GT4に搭載されたM838TE型、すなわち3.8リッターV型8気筒ツインターボエンジンをさらにチューニングしたもので、車名のとおり620psの最高出力と620Nmの最大トルクを発揮する。

 組み合わされるトランスミッションはデュアルクラッチの7速DCC。シャシがカーボンファイバー製のモノセルIIモノコックをセンターに、その前後にアルミニウム製のサブフレームを接合するという方式も変わらない。

  • サーキット走行を楽しむための究極のロードリーガルなスーパースポーツが、マクラーレン「620R」だ

 サスペンションは前後とも32クリックの手動調節ができるダンパーを持つウイッシュボーン式である。もちろんノーマル、スポーツ、トラックの各モードを備えたアクティブダンパー機能もそのまま受け継がれている。

 ブレーキはフロントが6ピストン、リアが4ピストンを組み合わせるカーボンセラミックブレーキだ。

 ホイールはフロントが8J×19、リアが11J×20。組み合わせられるタイヤは各々225/35R19、285/35R20の設定。指定タイヤはピレリ製のPゼロ・トロフェオR、もしくはピレリ製のスリックタイヤとなる。

 インテリアのフィニッシュを見ても理解できるように、徹底した軽量化を受けた620Rの乾燥重量は、実に1282Kg。結果、0?100km/h加速2.9秒、0?200km/h加速8.1秒という魅力的なパフォーマンスデータを残している。

 さらに最高速は322km/hで、ダウンフォースの最大値は250km/hで記録され、その数字は185kgにも達する。ちなみに燃費(WLTP 欧州混合)は、9.9km/Lである。

 最初にも触れたとおり、このマクラーレン620Rはトータルで225台のみの限定車。それを手中に収めるには、ヨーロッパや中東、そしてアフリカなどのマクラーレン・ディーラーにコンタクトを取る必要ある。

 公道を走ることも可能な620Rには、それだけの価値があるのは確かなところであろう。

Nextロードリーガルなマクラーレン「620R」のサウンドを聴け!
Gallery【画像】さらに過激装備を手に入れた「620R」とは(19枚)

page

RECOMMEND