英国王室ゆかりの特別区が由来 限定車「レンジローバー ヴェラール ケンジントン」が登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、「RANGE ROVER VELAR(レンジローバー ヴェラール)」の特別仕様車「レンジローバー ヴェラール ケンジントン」を導入、2020年1月17日より受注を開始した。

ボディカラーは3色、限定数74台の特別仕様車

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ミッドサイズ・ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER VELAR(レンジローバー ヴェラール)」の特別仕様車「レンジローバー ヴェラール KENSINGTON(ケンジントン)」の受注を、2020年1月17日より開始した。

RANGE ROVER VELAR KENSINGTON(レンジローバー・ヴェラール ケンジントン)

 今回の特別仕様車では、レンジローバー ヴェラールのなかでもとくに人気のある「R-DYNAMIC」を採用している。

 外装色はアイガーグレイ、バイロンブルー、サントリーニブラックの3色から選択が可能で、アイガーグレイが17台、バイロンブルーが27台、サントリーニブラックが30台の、計74台限定のモデルとなる。

 モデル名の「ケンジントン」は、レンジローバー ヴェラールが2017年にワールドプレミアを飾った、英国のデザインミュージアムの所在であり、英国のコンテンポラリーデザインや文化を象徴する特別区、「ケンジントン・アンド・チェルシー王室特別区」より命名されているという。英国文化の発信地であるケンジントンが、レンジローバー ヴェラールのモダンな造形美を彷彿とさせる。

 受注開始日は2020年1月17日え、車両価格は外装色アイガーグレイ/バイロンブルーが935万2000円(消費税込、以下同様)、外装色サントリーニブラックが924万8000円。

 路面状況に応じて最適なサスペンション/トランスミッション/トラクションなどの車両設定を自動制御する「テレイン・レスポンス2」や、長距離ドライブや渋滞などで役立つ「アダプティブクルーズコントロール(ステアリングアシスト付)」、駐車から出庫まで支援する「パークアシスト」をはじめ、走行時や駐車時のアシストシステムを網羅する「ドライバー・アシストパック」を搭載、安全性と快適性を高めている。

主な特別装備
○テレイン・レスポンス2(ダイナミックプログラム付)
○アダプティブダイナミクス
○コントラストルーフ(ブラック)
○プライバシーガラス
○21インチ”スタイル5047” 5スプリットスポーク
○14ウェイフロントシート(ヒーター、運転席メモリ付)
○電動調整ステアリングコラム
○空気イオン化テクノロジー
○コールドクライメートパック
 -ウィンドスクリーン(ヒーター付)
 -ステアリングホイール(ヒーター付)
○ドライバーアシストパック
 -ブラインドスポットアシスト
 -アダプティブクルーズコントロール(ステアリングアシスト付)
 -ハイスピードエマージェンシーブレーキ
 -パークアシスト
 -360°パーキングエイド
 -リアトラフィックモニター

Gallery:限定74台の豪華特別仕様「レンジローバー・ヴェラール ケンジントン」を画像で見る(3枚)