マセラティ新SUVは「グレカーレ」で決定! マセラティの次なる戦略とは?

マセラティが新たなスーパースポーツ「MC20」を発表したが、それはマセラティの新時代の幕開けに過ぎない。2021年以降、マセラティが進めているプロジェクトを紹介しよう。

マセラティの新SUVは「グレカーレ」!

 2020年9月9日に、マセラティはブランドの新時代を告げる「MC20」のワールドプレミアを果たし、さらに今後のプロジェクトも発表した。

●グレカーレ:新たなSUV

マセラティの新たなSUVの名前は、「グレカーレ」に決定

 マセラティには「レヴァンテ」というSUVがすでにラインナップされているが、第2のSUVの登場がすでに決定している。その名前が明らかになった。

 新SUVは、地中海の猛烈な北東の風にちなんで「グレカーレ」と名付けられた。マセラティはこれまでも伝統的に「風」にちなんだ車名を付けてきた歴史がある。

 それは1963年に登場した「ミストラル」からはじまり、「ギブリ」、「ボーラ」、「メラク」、「カムシン」などがそうであり、2016年にデビューしたマセラティ初となるSUV「レヴァンテ」も風に由来したネーミングである。

●フォルゴーレ:マセラティの電動化戦略

マセラティの電動化のための新たな戦略「フィルゴーレ」の第一歩は、2020年7月に発売された「ギブリ ハイブリッド」

 マセラティの電動化のための新たな戦略「フィルゴーレ」の第一歩は、2020年7月に発売された「ギブリ ハイブリッド」である。

 電動化においてマセラティが直面した課題は、ブランドの核となる哲学や価値観を犠牲にすることなく、電動化の世界に参入することであった。その結論として、マセラティのDNAに忠実に、主にパフォーマンスを向上させることに重点を置いたハイブリッド・ソリューションを選択。さらに燃費向上や排出ガスの削減も実現している。

 次なるフィルゴーレの戦略が、マセラティ初の100%電気自動車となる新型「グラントゥーリズモ」と「グランカブリオ」である。これらはモデナで設計され、トリノのファクトリーで生産されることが決定している。

 さらに、MC20にもEVバージョンが用意されており、こちらの生産はモデナのファクトリーとなる。

Gallery:【画像】マセラティの未来がここに!(34枚)