4億円で即納可能!? 完売した「スピードテール」がはやくも売りに!!

2億4000万円というプライスながら、即完売したマクラーレン「スピードテール」。106台という台数の少なさから、欲しくても手に入らなかったスーパーリッチも多いだろうが、はやくも中古車マーケットに登場。驚きのその値段とは?

シャシナンバー002のスピードテールのお値段はいくら?

 106台限定、車両価格はおよそ2億4000万円、最高速度403km/hという数字で話題になったマクラーレン「スピードテール」。デリバリーは2020年2月からとなっていたが、はやくも中古車市場に登場。驚きのプレミアム価格とは、いくらだったのだろうか。

約4億800万円で販売中のマクラーレン「スピードテール」(C)JamesEdition

 マクラーレン・スピードテールが売りに出されているのは、ドバイの「Tomini Classics」だ。

 販売中のスピードテールのシャシナンバーは002。ボディカラーは、淡いメタリックブルーのフローズンダイヤモンドシルバー。内装はブルーのヌバックレザーを採用し、ボディカラーとのマッチングもバッチリだ。

 このほか、24金のヒートシールド、クロームホイール、フルラゲッジセットなどが装備され、こうした追加オプションだけでおよそ60万ドル(邦貨換算約6300万円)とのこと。

 スピードテールの車両価格が175万ポンド(邦貨換算約2億4000万円)であるので、この個体の車両価格はざっと概算すると3億円ほどとなる。では、ドバイで売りに出されているスピードテールはいったいいくらのプライスタグが付けられているのだろうか。

 Tomini Classicsで掲げている価格は、385万ドル(邦貨換算約4億800万円)。すでにおよそ1億8000万円ものプレミアムが付いていることとなる。

●スピードテールって、どんなクルマ?

 スピードテールは、マクラーレンのアルティメットシリーズの頂点に位置するクルマだ。スピードテールのボディは、空力のためのエアロデバイスやパーツのない、極めてシームレスな曲線で構成された美しいスタイルだ。

 全長は5.2mで、車両重量は1430kg。マクラーレン「F1」と同じく3人乗りとなるスピードテールは、ボディなどすべてカーボンファイバー製となる。

 パワートレインは4リッターV型8気筒ツインターボエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド。システム合計の最高出力は1070馬力、最大トルクは1150Nm。0−100km/h加速はアナウンスされていないが、0−300km/h加速は13秒以下、最高速度は403km/hという、驚異的なスペックである。

 すでに公式に発表される前に、有力な顧客向けの内覧会がおこなわれ、106台すべて即完売したスピードテール。伝説となったF1は、いまやオークションに出品されると10億円で落札されるようになった。

 スピードテールも、将来的に価格が大きく下がることは考えにくく、まだ日本の公道で走行する姿を見かけることのないいま、乗ってみたいと思う人には魅力的な物件だろう。

 走行距離もわずか3kmなので、コレクションとして飾って保管しておくのもいいかもしれない。

Gallery:【画像】走行距離たった3kmのスピードテールはこれだ!(11枚)