ガンディーニ公認!! 知られざる「ディアブロ」限定モデルは今が狙い目!

1990年代のランボルギーニといえば、「ディアブロ」一択しかなかった。そのディアブロのシリーズ最後を飾る知られざるスペシャルモデルとは、どのようなクルマなのだろう。

ランボルギーニが「ディアブロ」一択しかなかった冬の時代

 V型12気筒ミッドシップの「アヴェンタドール」、同じくV型10気筒エンジンをミッドシップする「ウラカン」、そして世界で初めてSSUV=スーパースポーツ・ユーティリティ・ヴィークルを名乗ったV型8気筒SUVの「ウルス」というシリーズモデルに、さらに魅力的な限定車を加えれば、華々しいモデルラインナップが展開されている現在のランボルギーニ。

 だが1990年代のランボルギーニが生産したのは、唯一「ディアブロ」のみであった。

最初のオーナーによって、独自にペイントが施された「ディアブロ VT ミレニアム・ロードスター」(C)Bonhams

 ディアブロは、「カウンタック」の後継車として1990年に誕生し、さまざまなモデルを派生していく。

 ビスカスカップリングをセンターデフに使用した4WDモデルの「VT」や、オープン仕様の「ロードスター」。軽量でかつ高性能なことで人気を博した「SV」などはその積極的な進化策の象徴的な例だ。

 限定車としては、ランボルギーニの創立30周年を祝するアニバーサリーモデルとして誕生した150台の「SE30」が、その後シリーズモデルの「SV」を生む直接のきっかけとなっているし、また1998年に現在の親会社であるアウディがランボルギーニを手中に収めてからも、1999年モデルでのマイナーチェンジや80台の限定車「GT」、それをベースとするレース用車両「GTR」が誕生した。

 だがアウディにとってもっとも重要なプロジェクトは、約10年にわたって生産を続けてきたディアブロを、次世代を担うニューモデルにフルモデルチェンジすることであった。

 実際にランボルギーニではそのプロジェクトは進行していたものの、アウディはそれらすべてのプロジェクトをキャンセル。新たにニューモデル開発をスタートしたのだ。

 そのニューモデルのデビューは2001年のフランクフルト・ショーとされた。したがってディアブロの生産は2000年で終了することが同時に決定したのである。

 ランボルギーニはその最後を飾るディアブロとして、2000年モデルで誕生した「6.0」をベースとした特別仕様の「6.0SE」を用意するが、実はもうひとつスペシャルモデルを生産していた。

 それが今回、ボナムス1793のクエイル・モーターカー・オークションに出品された、「ディアブロ VT ミレニアム・ロードスター」だった。

Gallery:【画像】ディアブロの最後を飾るスペシャルモデルとは?(20枚)