FF量販車最速を狙う! VW新型「ゴルフGTI」が発売開始 価格は約475万円から

独フォルクスワーゲン(VW)は2020年9月3日、新型「ゴルフ8」のスポーティモデル、新型「ゴルフGTI」の注文を開始した。ドイツでの車両価格は3万7607ユーロ(日本円で約475万円)となる。

日本での「ゴルフGTI」の登場は2021年後半!?

 独フォルクスワーゲン(VW)は2020年9月3日、新型「ゴルフ8」のスポーティモデル、新型「ゴルフGTI」の注文を開始した。ドイツでの車両価格は3万7607ユーロ(日本円で約475万円)となる。

新型ゴルフGTI

 新型ゴルフGTIは、2020年3月におこなわれるジュネーブショーにおいて世界初公開の予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大による影響でショーが中止、オンラインでのデジタル発表会に切り替えられた。

 搭載されるエンジンは、2リッターターボ「2.0TSI」。型式としてはEA888ターボエンジンシリーズの最終進化形「EA888 evo4」となる。最高出力は245ps、最大トルクは370Nmを発生、7速DSG(DCT)と組み合わされる。

 0-100km/h加速は6.3秒、最高速度は250km/h(リミッター)というパフォーマンスを誇る。

 新型ゴルフGTIには、新開発のビークルダイナミクスマネージャーを装備する。これはESPの機能を調整し、電子制御ショックアブソーバーの横方向の入力を制御するもので、これによりFF車の典型的な特性であるアンダーステアをなくすことができるという。

 また先代ゴルフGTIパフォーマンスとゴルフGTI TCRに設定されていたフロントアクスルロッキングデファレンシャルを標準装備。グリップとハンドリングを最適化することでパフォーマンスを向上している。

 アクティブシャシコントロール(DCC)は、ステアリング、ブレーキ、アクセル操作などさまざまな要素を考慮しながら、路面や運転状況を最適化するもので、ドライバーはコンフォート/エコ/スポーツ、そして新たにインディビデュアルモードを選ぶことができる。ドライバーはデジタルスライダーで、個人の運転プロファイルを正確に設定して保存できる。

 コンフォートモードをさらに快適性重視にすることで、ボディは可能な限り路面から切り離され、コンフォート性を高めている。またスポーツモードをさらに走行性重視に調整すると、車体の挙動を最小限にするために最大の減衰力が設定され、ダイレクトなハンドリングにより、GTIならではのフィーリングを楽しむことができる。

 日本での発売時期は未定だが、新型ゴルフ8の日本上陸が2021年前半と予想されるため、新型ゴルフGTIは2021年後半、もしくは2022年の導入となる可能性が高い。

※ ※ ※

 ゴルフGTIは、1974年に登場した初代ゴルフをベースにしたホットハッチモデルで、1975年のIAA(フランクフルトショー)で世界初公開。1976年6月に1万3850ドイツマルク(当時)で発売された。

1976年に発売された初代ゴルフGTI

 当初は5000台を販売目標にしていたが、110psを発生するEA195ユニットを搭載し182km/hの最高速度を誇るこのモデルは人気になり、最終的には46万1690台が販売された。

 1894年にはゴルフIIをベースにした2代目GTIが登場。当初112psだったエンジンは1984年に触媒コンバーターの導入で一時107psまで出力が低下したが、16Vエンジンの投入で129psになった。また1990年には「ゴルフGTI G60」が登場、スーパーチャーを搭載し160psを発生した。

 1991年には3代目ゴルフGTIが登場。この代から110psのディーゼルターボを搭載する「GTD」が登場している。

 1998年にゴルフIVをベースにした4代目ゴルフGTIが登場。通常モデルは150psだったが、2001年に登場した25周年アニバーサリーモデルは180psを発生していた。

 2004年には、世界的にも大ヒットした5代目ゴルフGTIが登場。トランスミッションにDSGが加わっている。MTモデルでは0-100km/h加速が7.2秒だったところDSGモデルでは6.9秒に短縮。最高速度は235km/hだった。

 2009年には6代目ゴルフGTIが登場。210psのこのモデルは最高速度240km/h。2011年にはGTI35周年を記念した「ゴルフGTIエディション35」が発売。235psの出力で最高速度247km/h、0-100km/h加速は6.6秒に達した。

 2013年、7代目のゴルフGTIが登場した。当初から2つの出力で登場、ベースは220psだったが「ゴルフGTIパフォーマンス」は230psだった。この代がMQBを採用した最初のゴルフGTIになる。車両重量は前モデルに対して最大42kg削減された。2016年には290psの「ゴルフGTIクラブスポーツS」が登場。このモデルでニュルブルクリンク・ノルドシュライフェの当時のFF最速記録を更新(7分49秒21)した。

Gallery:【画像】ホットハッチの定番!「ゴルフGTI」最新モデルと歴代モデルを画像でチェック(27枚)