新しいデザイン言語を採用したフルサイズSUV キャデラック新型「エスカレード」発表

米キャデラックは2020年2月4日、ロサンゼルスで新型となる5代目「エスカレード」を発表した。

室内には38インチの大型OLEDディスプレイ

 アメリカの高級車ブランド、キャデラックは、フルサイズSUVで同社のフラッグシップモデルとなる「エスカレード」をフルモデルチェンジ、2020年2月4日に米ロサンゼルスで発表した。

新型キャデラック「エスカレード」の発表会の様子

 エスカレードは、キャデラックブランドのフルサイズSUVで、初代は1999年に登場。以来アメリカを代表するSUVとして人気のモデルです。今回発表されたニューモデルで5代目になる。

 外観デザインは、キャデラックの新しいデザイン哲学が採り入れられている。

 従来型の縦目から水平基調のヘッドランプに変更され、大型グリルを備え、縦に長いブレードのようなLEDデイタイムランニングライトは、先に登場したキャデラックのSUV、XT5やXT6と同じ方向性のデザインとなる。またリアには縦型デザインのテールランプを採用している。

 搭載されるエンジンは、420馬力/623Nmを発生する新開発の6.2リッターV型8気筒直噴エンジン。これには可変バルブタイミング機構やエンジンスタート/ストップ機能が加わる。

 また新たに3リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジンも用意。こちらは277馬力/623Nmと、6.2リッターV8ガソリンエンジンと同等のトルクを発生する。

 組み合わされるトランスミッションは電子シフト制御を備えた10速AT。トレーラーパッケージはすべてのモデルに標準装備される。

 従来型で好評の可変ショックアブソーバー、マグネティックライドコントロールは、新型エスカレードにも採用。

 またエアライドアダプティブサスペンションも、マグネティックライドコントロールと組み合わせた新システムとして装備が可能だ。このエアサスペンションは自動で車高調整をおこない、高速道路走行では車高を下げて空力性能を向上させる。

 さらにドライバーの任意で51mm(2インチ)車高を下げることができ、駐車時に乗員の乗り降りがスムーズになる。さらにオフロード走行では車高を上げて走ることも可能となる。

 ボディは標準ボディのほか、ESVと呼ばれるロングボディも用意される。

 標準ボディのサイズは全長5382mm×全幅2059mm×全高1948mm。ホイールベースは3071mm、トレッド前/後は1737mm/1730mm。

 ロングボディ「ESV」のサイズは全長5766mm×全幅2059mm×全高1942mm。ホイールベースは3407mm、トレッド前/後は1737mm/1730mmとなる。

 新しいアーキテクチャと新しいシャシ技術により、室内スペースが大幅に拡大しているのが特徴だ。標準ボディでは3列目のレッグルームが40%増加して886mmと、セグメント内でもっとも広い3列目を持つ1台になった。

 また3列目後ろの荷室スペースも従来比で68%増加、標準ボディで722リッターを確保する。ロングボディでは1214リッターになる。

※ ※ ※

 新型エスカレードのトピックのひとつに、インテリア空間がある。

 エスカレードには、自動車メーカーとして初めて、38インチのわん曲した有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイを採用した。

 このシステムには、ドライバーの左側にある7.2インチのタッチコントロールパネル、ハンドルの後ろにある14.2インチのクラスターディスプレイ、そしてドライバーの右側にある16.9インチのインフォスクリーンで構成されている。
 
  
 キャデラック社長のスティーブ・カーライル氏は「新型エスカレードは、単なる新しいエスカレードではありません。それは新しい経験です。ドライビングエクスペリエンスに変革をもたらし、モビリティの新時代へと導きます」とコメントした。

 新型エスカレードの北米での発売は、2020年第3四半期を予定。日本での発売は未定だ。

Gallery:【画像】アメリカンSUVの象徴! 新型キャデラック「エスカレード」を見る(34枚)