プジョー新型「3008」が世界初公開 日本でも人気の欧州コンパクトSUV

仏プジョーは2020年9月1日、コンパクトSUV市場のリーダーであり、2016年の発売以来80万台以上が生産されているプジョー「3008」をマイナーチェンジし、新型を世界初公開した。

最新モデルらしく先進運転支援システムは充実

 仏プジョーは2020年9月1日、同ブランドのコンパクトSUV「3008」をビッグマイナーチェンジ、新型を世界初公開した。

プジョー改良新型「3008」

 3008は、欧州ではコンパクトSUVのベストセラーモデルであり、2016年の発売以来すでに80万台以上が生産されている。

 今回、大きく変わったのはエクステリアだ。フロントフェイスの新しいフレームレスグリルは、流動的なデザインをキープしながら、さらにモダンなスタイルとなった。またリアライトにはフルLEDを採用。これはスモークガラスで覆われ、視覚的にリアを大きく見せている。

 ボディカラーはセルベスブルー、ヴェルティゴブルーの新色を含め7色が用意されている。

 インテリアでは、新しい「i-Cockpit(iコックピット)」が採用された。12.3インチ液晶を用いたデジタルメーターは「Normally Black」と呼ばれる技術を採用し、見やすさと高品質なレンダリングを実現している。また中央のタッチスクリーンは10インチサイズで、高詳細の液晶パネルを採用する。

 また最新世代の運転支援技術の搭載も充実している。コンパクトSUVセグメントでは初採用となるナイトビジョンは、夜間や視界が悪いときにも歩行者や動物を検知、デジタルメーターに表示するもの。さらにアダプディブクルーズコントロール、パークアシスト、180度リアビューカメラ、360度フロント/リアカメラ、オートマチックハイビーム、速度標識の認識、アクティブブラインドスポットモニタリングなどが備わる。

 パワートレインは、2種類のプラグインハイブリッドのほか、ガソリンの1.2リッターターボ/1.6リッターターボ、ディーゼルの1.5リッターターボなど豊富に用意されているのも特徴だ。
 
 欧州でのグレードは、「アクティブ」「アクティブパック」「アリュール」「アリュールパック」「GT」「GTパック」の6種類となる。

※ ※ ※

 3008は、プジョー初のSUVとして2009年に欧州で登場したコンパクトSUVだ。2016年にはフルモデルチェンジをおこない2代目に進化、2017年には「ヨーロッパ カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞している。

 日本でも2017年に販売が開始され、プジョーの新世代モデルの先駆けとして好調なセールスを記録している。

 新型3008のボディサイズは全長4447mm×全幅1841mm×全高1620mm、ホイールベースは2675mm。乗車定員は5名だ。

Gallery:【画像】日本上陸は2021年!? プジョー新型「3008」を画像でチェック(10枚)