1970台限定!! 「レンジローバー・フィフティ」でオシャレな初代のボディカラーが蘇る!

レンジローバーは誕生50周年! 初代レンジローバーのボディカラー、トスカーナブルー/バハマゴールド/ダボスホワイトの3色が、最新レンジローバーで選択可能になった。

サヴィル・ロウのジャケットと同じく一生モノのレンジローバー

 ランドローバーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるプロフェッサー・ジェリー・マクガバン(OBE)は、レンジローバーの50周年を記念して、ロンドンのサヴィル・ロウ最古のテーラーであるHenry Poole & Co.(ヘンリー・プール)とともに、特別ファブリックをデザインした。

●シャレオツ注目の1台

1970台限定の「レンジローバー・フィフティ」。ボディカラーはトスカーナブルー

 今回製作するラムウール生地はレンジローバー50周年記念のオーダーメイド・ジャケット50着分の120mのみ。もちろんヘンリー・プールでのみ入手可能だ。

 初代「レンジローバー」は1970年にラグジュアリーSUVという市場を確立した記念碑的モデル。その後50年を経て、魅力的なデザインと洗練性、そして革新的なエンジニアリングをあわせもった、理想的で高い性能を備えたラグジュアリーモデルへと進化している。

 英国サマセット州の生地メーカー、Fox Brothers & Co製の生地は、初代レンジローバーのエクステリア塗装にインスパイアを受けたもので、トスカーナブルー、バハマゴールド、ダボスホワイトの組み合わせでクラシックな千鳥格子に新鮮な趣をもたらしている。

 この3色は、ランドローバーが発表した特別仕様車「レンジローバーFifty(フィフティ)」で、35年ぶりに選択が可能になった。レンジローバー・フィフティは、レンジローバーの50周年を記念して、全世界1970台限定で販売される限定モデルだ。

 ベースとなるのは、「レンジローバー・オートバイオグラフィー」で、特注のエクステリアアクセント「オーリックアトラス」や、2種類の専用の22インチホイールをはじめ様々な特徴を備えている。

 ジェリー・マクガバンの手書きによる「Fifty」の文字は、車両のエクステリアだけでなく、インテリアでも「1 of 1970」のテキストが刻まれたセンターコンソールコミッショニングプラーク、ヘッドレスト、ダッシュボード、イルミネーション付アルミトレッドプレートに添えられている。

 ジェリー・マクガバン氏は次のようにコメントしている。

「ヘンリー・プールもレンジローバーも、独自の伝統を持ち、非常に優れた技術で製品を作り出してきました。ヘンリープールのジャケットと特別仕様車『レンジローバー・フィフティ』は希少価値の高いものであり、双方のお客様を魅了する製品になっています」

 またヘンリー・プールのマネージングディレクターであるサイモン・カンディ氏は次のようにコメントしている。

「ジェリー・マクガバン氏と協力しレンジローバー50周年を記念するジャケットを開発するという、素晴らしい機会に恵まれました。歴史あるオリジナルカラーにヒントを得て、生地のライニングにトスカーナブルー、裏襟にバハマゴールドという配色を施しながらも、モダンカジュアルなテイストを加えたデザインで時代を超えた優雅さを身にまとうことができます。

 100%オーダーメイドのヘンリー・プールならではの着心地の良さがサヴィル・ロウの最高峰を実現します。

 どちらのブランドも伝統に根差しながら最高の品質とラグジュアリーを提供する現代的なアプローチを採用しており、レンジローバーとヘンリー・プールのコラボレーションは最高のものと自負しています」

 レンジローバー・フィフティの日本への導入台数や導入時期、車両価格などは現在調整中とのことなので、追って詳しい仕様とともにお伝えできるだろう。

Gallery:【画像】英国紳士の嗜み、サヴィル・ロウ最古のテーラーにジャケットをオーダーする(16枚)