真のポルシェ911マニアだけに分かる「RS」の価値とは?

ポルシェ「911」のなかでも、特に硬派なイメージのある「RS」は、人気の高いサブネームのひとつだ。このRSを名前に持つ911がどれほど人気であるのか、3世代のRSが出揃った最新オークション結果からみてみよう。

地味RSと派手RS、どっちが人気か?

 次に時代を20年ほど飛び越えて、964型「911」で設定されたカレラRSはどうか。走行距離は5万3114kmと、このタイプのモデルにしては平均的といったところ。デビューは1992年である。

●1991 ポルシェ911(964)カレラRS

派手はリアスポイラーなどが装着されず、羊の皮を被った911である964型のカレラRS(C)SILVERSTONE AUCTIONS

 軽量化を施し、エンジンパワーを増大するというコンセプトは、そのままナナサンカレラのRSに共通している。こうした視点でこの964型911のカレラ2をベースしたカレラRSを見ていくと、ポルシェの仕事がいかに徹底したものであるのかがよく分かる。

 ボンネットはアルミニウム製に変更され、ホイールはマグネシウム製、同時にサイドやリアウインドウのガラスは薄型の軽量なものになった。

 キャビンに視線を移すと、本来あるはずのリアシートは取り外され、パワーフロントシートは軽量なレカロ製レーシングバケットシートに、またパワーウインドウやパワーステアリング、エアコンも廃止されていることが分かる。

 こうしたダイエット策でポルシェは、175kgもの軽量化を実現。運動性能の向上に大いに貢献したのである。

 また、エンジンではダブルマスフライホイールからソリッドな軽量フライホイールに換装され、ECUのセッティング変更によって、カレラ2に対して10psアップの260psを発揮。

 オークション前にエンジンのリフレッシュを受け、オイルやオイルフィルター、またフューエルタンクの排水やバッテリー交換などをおこなったという出品車に対して、シルバーストーン・オークションズは、予想落札価格を14万−16万ポンド(邦貨換算約2000−2600万円)としていた。

 結果は14万9500ポンド(邦貨換算約2100万円)という数字に落ち着いている。

●1995 ポルシェ911(993)RS

個体の持つヒストリーがいかに大切であるかを物語った993型RS(C)SILVERSTONE AUCTIONS

 最後の空冷モデルとなった1995年式の993型「911RS」は、走行距離も約2万5787kmと、まさに乗り頃を迎えた一台である。

 部品の80%は新設計され、新しい合金サブフレームが再設計されたマルチリンクリアサスペンションが、新次元の乗り心地と安定性をもたらした。当時のポルシェは、オフスロットルした時の急激なオーバーステアを低減させたと、フルモデルチェンジともいえる993型911の進化に胸を張ったが、確かにその走りは古くからのカスタマーも、新しくポルシェの世界に入ってきたニューフェイスをも感動させる素晴らしさだった。

 911RSに搭載されたエンジンは、300psの最高出力を誇る3.8リッター水平対向6気筒であった。

 オークション出品車は、新車でデリバリーされてから、イギリスのメクスバラ伯爵やバンフォード卿のプライベート・コレクションとしても使用されてきた経歴を持つ、由緒正しき1台である。

 27万ポンド−32万ポンド(邦貨換算約3800万円−4500万円)の予想落札価格に対して、結果はなんと42万5000ポンド(邦貨換算約6000万円)。やはりクルマのコンディションと同様に、個体の持つヒストリーはオークションでは重要な要素になるようだ。

Gallery:【画像】ポルシェ「911」の歴代「RS」を見比べてみよう(28枚)