真のポルシェ911マニアだけに分かる「RS」の価値とは?

ポルシェ「911」のなかでも、特に硬派なイメージのある「RS」は、人気の高いサブネームのひとつだ。このRSを名前に持つ911がどれほど人気であるのか、3世代のRSが出揃った最新オークション結果からみてみよう。

「RS=レン・シュポルト」は、分かる人にだけ分かる通好みの称号だ

 ポルシェのファンにとっては、「RS=レン・シュポルト」も、常に特別な響きを持って迎えられるサブネームだ。その歴史は1950年代の「550スパイダーRS」、あるいは「RSKタイプ718」にまで遡ることが可能で、ポルシェのカスタマーやファンにとって、それは紛れもない憧れの称号である。

 2020年夏にオンラインで開催された、シルバーストーン・オークションズには、このRSの記号を受け継ぐモデルが一気に3台も出揃ったのである。

●1973 ポルシェ911 2.7RS ツーリング

コレクターズアイテムとなっている「ナナサンカレラ」(C)SILVERSTONE AUCTIONS

 まず紹介するのは、911ファンには究極のコレクターズアイテムともいえる1973年式の「911カレラ2.7RS」である。

 同モデルには純粋にレースに使用するための「レーシング」、サーキットとオンロードの両方を楽しむための「スポーツ」、そしておもにオンロードを走るための「ツーリング」が設定されていたが、出品車はツーリングとなる。それでも車重は1075kgと非常に軽量なモデルであった。

 搭載されるエンジンは、車名のとおり排気量2.7リッターの空冷水平対向6気筒である。最高出力は210psと当時としては非常に高性能なものだった。

 ちなみにこれらのいわゆる「ナナサンカレラ」は1580台が生産されているが、このモデルは2007年から2008年にかけて18万ポンド(邦貨換算約2500万円)をかけてレストアがおこなわれている。

 これだけのコンディションだけに落札価格には期待が高まったが、結局落札価格は42万5000ポンド(邦貨換算約5980万円)だった。ナナサンカレラの相場も、昔ほどは高くはなくなったとうことか。

Gallery:【画像】ポルシェ「911」の歴代「RS」を見比べてみよう(28枚)