2億3億当たり前! ブガッティに値落ちという言葉はない!?

「ディーヴォ」のデリバリーなどで注目が集まっているブガッティだが、「ヴェイロン」と「シロン」の2台が、今夏同じオークションに出品された。果たして2台の落札の行方はどうだったのだろうか。

VWグループで再び復活したブガッティが手掛けた「ヴェイロン」

 1990年代半ばに、巨大なVWグループを率いるフェルディナンド・ピエヒ最高経営責任者が、ブガッティという世界でもっともバリューのあるブランドを手にしようと考えた時、それにはいくつかの野心があったという。

 その象徴的なものは、ブガッティ・ブランドのハイパーカーが、1000ps以上の最高出力をスペック・シートに謳い、同時に400km/h以上の最高速によって、世界の頂点を極めるというものだった。

●2014 ブガッティ「ヴェイロン16.4 グランスポーツ・ヴィテッセ・メオ・コスタンティーニ」

約1億8500万円で落札された、2014年式ブガッティ「ヴェイロン16.4 グランスポーツ・ヴィテッセ・メオ・コスタンティーニ」(C)Bonhams

 そのために当初必要とされたエンジンは、3列式のW型18気筒だった。しかしながらそれを量産車のパワーユニットとすることは難しく、結局1001psを発揮する、8リッターW型16気筒+4ターボを選択することが決断された。これに7速のDCTを組み合わせ、全輪を駆動する。

 ファースト・プロダクトは「ヴェイロン16.4」。プロトタイプは比較的早く発表されたものの、そこから2005年の東京モーターショーで、生産型が300台の限定生産数とともに発表されるまでには相当な時間が必要だった。

 ヴェイロンの人気は高く、次々に特別仕様車が誕生したほか、2009年にはペブルビーチでタルガトップ仕様の「グランスポーツ」も発表された。こちらは150台の限定生産とされたから、最終的にカスタマーにデリバリーされたヴェイロン16.4は合計で450台という計算になる。

 それらの生産途中で、ヴェイロンの人気をさらに高める大きな理由となったのは、高性能版となるスーパースポーツの誕生だった。まず登場したクーペ仕様のモデルには、ダイレクトに「スーパースポーツ」のサブネームが与えられ、搭載されるW型16気筒エンジンの最高出力はさらに199psをプラスして1200psに。

 VWが所有するエーラ・レシエン・オーバルテストコースでおこなわれた最高速テストでは、開発ドライバーのピエール・アンリ・ラファネルによって平均で431・072km/hを記録した。

 これはもちろん当時の世界記録にほかならない。

 2011年には、ここで紹介する「グランスポーツ・ヴィテッセ」が発表される。これはクーペのスーパースポーツのオープン版ともいえるものだが、同時にさまざまな限定車を生み出したことでもファンには有名な存在だ。

 このモデルはかつてブガッティ・チームの監督だった「メオ・コスタンティーニ」の名を掲げるモデルで、3台のみが生産されたもの。同シリーズにはほかに、「ジャン・ピエール・ウィミール」や「ジャン・ブガッティ」、「レブラント・ブガッティ」、「ブラック・ベス」、そして「エットーレ・ブガッティ」がある。

 注目の落札価格は175万ドル(邦貨換算約1億8500万円)。まずは納得できる結果といえるのではないか。

Gallery:【画像】「ヴィエロン」と「シロン」を見比べてみる(24枚)