「最新は最良」ってホント? ポルシェ「911カレラS」をガチ試乗【動画あり】

プロレーサー、テストライダー・ドライバーの丸山浩氏による、オーナー目線のインプレッション。今回は、ポルシェ992型「911カレラS」インプレをお届けしよう。

変わってないようで大きく変わった!? 992型「911カレラS」

 ポルシェ「911」の8代目となる992型「911カレラS」のインプレッションをレポートしよう。

 現在、2世代前となる997型「カレラ」と「カレラS」を気に入り、プライベートでもよく運転しているが、最新モデルを試乗する機会は久しぶり。試乗した911は、セラミックコンポジットブレーキも装備。それでは早速、外観から見ていこう。

「911カレラS」の0-100km/h加速は、3.7秒、スポーツクロノパッケージだと3.5秒となる

 ボディラインは代を重ねるごとに洗練されつつも、風格はいまなおTHE・ポルシェ、ひとめでわかる出で立ちだ。

 立ち気味のフロントウインドウから後ろへルーフを伝って流れるように降りていくラインは、リアタイヤ周りのボリュームあるふくよかなラインへつながっている。

 ヘッドライトの張り出し具合も、そうそうこれくらい起こしてこそ911である。しかも点灯させると主張が凄い。煌々と輝く片目4つずつの光源は、遠くから見ても「お、新型が来たな~」とすぐに認識できるほどだ。

 リアを見てみると、一本スパッと繋いだテールランプのデザインはどうだろう? ここは好みが分かれるのではなかろうか。

 バンパーに埋め込まれたエキゾーストエンドにも一体感があるが、リプレイスマフラーにする場合どうしたものかと、チューニング屋としては一考させられる。

 そしてガパッとせり上がるリアスポイラーの大きさたるや。パネルまるごと開いているかというくらい大きくなったので、これはダウンフォースが効きそう。しかし閉じている時のデザインの方がカッコいいと、個人的には思う。

●アナログを残してほしい「911」のコックピット

 さて次は運転席へ。乗り降りのし易さを保ちつつ、スポーツドライビングでのホールド性も高いシートポジションの作り込みには、911の伝統が受け継がれている。

 しかしコックピット周りは随分デジタル化されたものだ。ステアリングのボタンしかり、シンプルになったセンターコンソールしかり、そしてシフトノブはどこ行った!? というくらい小振りになったモードセレクト機能のみに特化したシフトノブ、というよりシフトセレクターレバー。

 PDKだからこの大きさで差し支えないのだけども、997乗りとしては一抹の物足りなさを感じてしまう。

 極めつけはメーター周り。遂にアナログの針がセンターのタコメーターだけになった。あ、いやクロノグラフもアナログか。是非ともここは今後とも死守していただきたい。

 後はすべて液晶だが、嬉しいことに5連メーターの意匠はしっかり踏襲している。勿論ボタンをポチポチやれば水温やGセンサーやナビマップやラップタイマーなどなど、センターの大きな液晶パネルと合わせて、ここでは書ききれないくらい莫大な情報を表示してくれる。実に便利。

 便利なんだけど、ややもすると情報過多ではなかろうか。一気にあれこれ見せられても、追いつかないよ。やっぱりシンプルなアナログ5連メーターの枠が恋しい……なんて言ったら、懐古主義オヤジと叩かれてしまうか(笑)

 ちなみに後部座席はというと、当然というか相変わらずタイトなつくり。座面はまだクッション性はあるものの、背もたれ部分は薄くて硬い。

 身長168cm・標準体型の私で座れないことはまったくないが、座ったとしても15分が限界。最寄りの駅まで送ってもらうくらいが関の山だろう。

 ラゲッジスペースとしては結構な量を積める。ただし、背もたれを倒しても最奥のスペースからフラットになるわけではなく、座面との間にも空間が出来てしまう。

 安易に荷物を積んでしまうと、ブレーキングで荷物が前にゴロゴロしてしまうだろうから、うまい積載ポジションを探していただきたい。

Gallery:【画像】最新ポルシェ「911カレラS」の気になるポイントをチェック!(23枚)